パムタスタスクフォース箔は、東ティモールに燃料の数十リットルを密輸しようとします
TNI-ADの人員は、NTTのノースセントラルティモールのナパ村の国境地帯で確保された燃料の証拠を持ってポーズをとります。(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - リ・ティモール国境警備タスクフォース(タスクフォース・パムタス)は、東ヌサ・トゥンガラから東ティモールに数十リットルの燃料を密輸する試みを台無しにしました。

「BMMは、東ティモールと北中央ティモールの国境地帯の違法なチャネルを通じて故意に未知の人物を密輸した疑いがある」と、ポストナパンバワタスクフォースパムタスRI-東ティモールの副司令官は、6月12日(土曜日)アンタラから報告しました。

密輸される燃料は、30リットルのガソリンの約85リットルとジェリーで満たされたディーゼル55リットルは、様々なサイズの容器です。

ハンディカは、ロウアーナパンポストのパムタタスクフォースの4人の人員がナパン村の国境周辺の違法車線をチェックするために夜間パトロールを行ったときに、燃料の存在が知られていたと説明しました。

その後、人員は、ローワーナパナパポストから遠くないパトロールポイントで話している人の声だけでなく、足音の形で疑わしいものを見つけました。

調べられたとき、パトロール隊員は、いくつかのジェリー缶に充填された燃料の形で荷物を残してすぐに逃げた2人を見ました。

ハンディカは、夜の暗い状況のために男が行った追跡努力は見つからず、地形はかなり危険だったので、それが停止されたと言いました。

「2人は身元不明で、東ティモールに運ばれようとしているガソリンとディーゼル燃料で満たされたいくつかのジェリー缶を残して逃げました」と、彼が言いました。

その後、パトロール要員はローワーナパナパポストで証拠を確保し、上記のリーダーシップに段階的に事件を報告しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)