ホームカミングフローのピークは4月5-7日に発生すると推定されています
月曜日(2024年3月18日)にジャカルタのPMK調整省事務所で開催された2024年レバラン輸送閣僚会議(RTM)の後、PMKムハジル・エフェンディ調整大臣(中央)。(アンタラ/ショーン・ムハマド)

シェア:

ジャカルタ - ムハジル・エフェンディ人間開発文化調整大臣(Menko PMK)は、帰郷の流れのピークは2024年4月5-7日に起こると予想されていると述べた。

「帰郷のピーク(流れ)は2024年4月5日から7日に、逆流は2024年4月14日から15日に起こると予想されています」と、ジャカルタのPMK調整省事務所でのレバラン輸送2024閣僚会議(RTM)が3月18日月曜日にANTARAによって報告された後、彼は言った。

この推定値は、2024年の旅行者数が1億9,360万人に達すると予測している運輸省が実施した調査から得られたものです。

その数は60%以上増加し、2023年には旅行者数が1億2,380万人に達したと彼は述べた。

「1億2,380万人である2023年よりもはるかに大きいです。60%以上の増加があります」と彼は言いました。

旅行者の移動を促進するために、ムハジル調整大臣は、公共事業・公営住宅省(PUPR)が、チマンギス-チビトゥン有料道路セクション2Bチケアス-チビトゥン(19.65キロメートル)、ジャカルタ-チカンペックII南有料道路クタネガラ-サダンセクション(8.5キロメートル)、ソロ-ジョグジャカルタ-ニュージョグジャカルタ国際空港(NYIA)コロマドゥ-クラテンセクション(22.3キロメートル)を含む6つの新しい有料道路を提供したと述べた。

さらに、バンキナン・コト・カンパール有料道路(24.7)キロメートル、クアラ・タンジュン・テビン・ティンギ・パラパット有料道路セクションIIクアラ・タンジュン・インドラプラ(9.47キロメートル)、セクションIII-IVテビン・ティンギ・シナクサック(47.15キロメートル)、インドラプラ・キサラン有料道路セクションIIリマ・プル・カサラン(32.15キロメートル)。

「うまくいけば、それは機能的に通過することができます、ただ気をつけてください、もちろん、不安、特に天気があります」と彼は付け加えました。

ムハジール氏によると、海上横断に関しては、政府はクラスVIIIとIXの車両用のセランリージェンシーのバンダルバカウジャヤ港、オートバイを持つ旅行者のためのチレゴン市のチワンダン港、四輪輸送用のメラク港、バス、基本的な食品輸送用のメラク港を含む3つの主要港を準備しました。

ムハジール氏によると、これらの施設にはすべて、ジャワ地域に112の保健所、スマトラ有料道路地域に24の保健所も装備されているという。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)