DKI副総裁:川の正規化は、知事が誰であれ、実施されなければならない
イラスト / チリウン川流れ(アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - DKIジャカルタのアフマド・リザ・パトリア副知事は、すべてのDKIジャカルタ知事は、川の正常化を行うために川岸沿いの住宅地で土地取得を行わなければならないと述べた。

なぜなら、このプログラムは、集落に波及しないように、貯水量を増やす上で大きな役割を果たすからです。

「(正規化は毎年行われます)。実際、次期指導者や知事になる者は誰であれ、第2、第3、第4ピリオド、そして土地取得を行わなければならない」と、2月24日(水)、中央ジャカルタのDKI市役所でリザは言った。

正常化プログラムを実施するに当たって、リザはDKIがしばしば中央政府との調整会合を開いた、と述べた。洪水とは別に、混雑問題の修正も議論されている。

「洪水のため、ジャカルタを含む1つの州では交通渋滞は解決できません。我々は協力し、協調し、うまく統合しなければならない」とRizaは言った。

リザは、川の正規化プログラムが今年実行されると言いました。このプログラムのDKIの仕事は、川岸に住む住民のための土地を取得することです。

一方、建設工事は中央政府、公共事業・公営住宅省(PUPR)によって行われています。

「毎年、道路プログラム。道路の正規化。実際、我々はIDR 8510億以上の予算を立ててきた」と彼は言った。

しかし、リザは土地がどの地域のために取得されるかを明らかにすることに消極的でした。Rizaによると、水資源局は依然として土地の支払い交渉までの土地を測定するプロセスを規制しています。

「場所は規制されています。後で優先順位があります。私は公共の場でそれを言及することはできません、土地所有者は興奮するでしょう」と、Rizaが言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)