247人の障害者がまだ失業中、アイダ・ファウジヤ:多くはあえて働かない
インドネシアのアイダ・ファウジヤマンパワー大臣。(写真:ドク。人手省の

シェア:

ジャカルタ - マンパワー省は、インドネシアのオープン失業者の数は依然として非常に多いと指摘した。3%のオープン失業率(TPT)を持つ247,000人に達しました。

マンパワー・アイダ・ファウジヤ大臣は、現在760万人の障害者が働いていると述べた。しかし、障害者の労働年齢の数値を見ると、障害者の労働参加率(TPAK)は依然として比較的少ない。

「BPSは2020年2月に障害者の労働年齢を1,770万人も記録し、仕事の世界に入った人は780万人でした。これは、障害者のためのTPAKがわずか44パーセントであることを意味します。「69パーセントの国家TPAKをはるかに下回っています」と、彼はイベントで言いました。「人手大臣とのインタラクティブ雇用包摂的な対話」、2月24日(水)

井田氏によると、これらの数字は、障害者の多くがすでに辞任しており、労働市場に参入する気がしないことを示している。

井田氏は、これは雇用機会の限られた可用性、差別、および仕事の世界における障害者に対する汚名の可能性の影響を受けたと述べた。

さらに、井田氏は、現在、サービス部門や小売業の障害者の雇用機会は、産業部門よりも多いと説明した。

「産業部門への参加が少ないことは、職場でのアクセス不能、社会的格差、そしてそれほど多くないのは非包括的な教育訓練による問題の影響を受ける」と彼は言った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)