竹廃棄物プラグシケアス川流れ
ブカシ市環境事務所のカエルチームが、シケア川を詰まらせる竹廃棄物の浄化を実施(プラディタ・クルニアワン・シャ/アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - 竹廃棄物の山は再びジャティサリ村、ジャティアシ地区、ベカシ市、西ジャワ州ビルヴィラヌサインダ(VNI)III、ボジョンクルルビレッジ、グヌンプトリ地区、ボゴールリージェンシーに接するシケアス川の流れを詰まらせます。

ベカシのチランシ・シケア・コミュニティ(KP2C)プアルマンの会長は水曜日、竹廃棄物は通常ベンドゥン・コジャの川の流れを蓄積し、詰まらせると言いました。

「しかし、数日前の豪雨のために、竹廃棄物の山々は、ベンドゥン・コジャの数キロ前のヴィラ・ヌサ・インダ(VNI)IIIの住宅地で川を詰まらせ始めました」と、彼は2月24日水曜日にアンタラを報告しました。

川の唇に生える竹は、川が上がるにつれて水の流れによって運び去られる、と彼は言った。数が多いため、最終的に10メートル以下のシケアス川の流れが詰まった。

この地域では河川水の上昇、豪雨の影響により4つの竹の塊が土砂崩れも起こり、竹廃棄物の山はますます山岳化しています。

プアルマンは、2月24日(水)以降、ベカシ市政府が環境庁(DLH)のカエルチームの15人のメンバーを巻き込んだ竹廃棄物の浄化活動を行っていることを認めた。

今後2日間で、ブカシ市環境事務所のカエルチームが竹廃棄物を克服できることを期待しています。

「クリーンな活動を円滑にするために、我々は消費の形で貢献します」と、Puarmanが言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)