ヒダヤット・ヌール・ワヒド、COVID-19被害者に対するIDR 1,500万件の補償を撤回した社会省リスマを批判
イラストレーション(イクバル/VOI)

シェア:

ジャカルタ - 第8大臣(DPR RI)ヒダヤット・ヌール・ワヒド委員は、COVID-19で死亡した被害者に対するIDR 1,500万人の補償を撤回する社会省(ケメンソス)政策を批判した。

この政策は、社会災害被害者のための社会保護局長、スナルティからの円形の手紙で発行されました。この回覧は、COVID-19の犠牲者に対する補償に関する2020年6月18日付けの社会災害被害者のための社会保護担当ディレクター427/3.2/BS.01.02/06/2020の回覧書に続きます。

「政府(社会省)は、COVID-19、IDR 1500万人による災害や死亡の犠牲者に支援を提供するための法律と規制を実施することができるべきである」と、2月24日(水曜日)に引用された@hnurwahid、彼の公式ツイッターアカウントでHidayat Nur Wahidが言いました。

PKSの副議長は、トリ・リスマハラニの指導の下で社会省が循環を取り消し、2015年の社会大臣規制番号4に規定されているように報酬を再実施しなければならないと付け加えた。

「政府はジワスラヤにIDRに20兆ドルを与え、国家景気回復予算を688兆ドルに増やすことができるからです」とヒダヤット・ヌール・ワヒドは述べた。

社会省は、COVID-19で死亡した被害者に対して1,500万人の賠償金を支払っています。その理由は、COVID-19の被害者に対する補償のための予算がなくなったためです。

この決定は、社会災害被害者のための社会保護局長、スナルティからの円形の手紙で述べられました。この回覧は、COVID-19の犠牲者に対する補償に関する2020年6月18日付けの社会災害被害者のための社会保護担当ディレクター427/3.2/BS.01.02/06/2020の回覧書に続きます。

「2021年には、地方/リージェンシー/シティ社会サービスが提出した以前の勧告や提案をフォローアップできないように、社会省の相続人に対するCOVID-19の被害者に対する補償のための予算は割り当てられません」と、手紙の最初のポイントの内容が言いました。VOI、月曜日、2月22日引用回覧。

社会省は、地方社会サービス部長に対し、この情報をそれぞれの地域のリージェンシー・シティ・ソーシャル・サービスの責任者に転送し、社会省に対して何の勧告や提案も行わないか、と求めています。

SEでは、社会省アディ・ワヨノの社会災害被害者のための社会保護局長代理は、補償政策は2020年の国家災害管理委員会(BNPB)番号9Aの決定に言及したと述べた。

「死亡の補償は、病院や地域保健センター(puskesmas)または保健事務所によって述べられたCOVID-19に感染したために家族が死亡した相続人に与えられます」と、アディは円形に書きました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)