何千人もの香港市民が特別ビザを通じて英国市民になる機会を試みた
図。(ブレイク・ガイドリー/アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - 約5,000人の香港人が、英国市民権への道を開く新しいビザ制度を利用して、英国での生活、仕事、勉強を申請しました。

規則によると、英国国民海外(BNO)パスポートを持っている香港の居住者は、英国に5年間滞在し、英国市民になる前に「居住資格」を申請することが許可されます。

ロイターがタイムズ紙から報じたように、受け取った5,000件の申請の約半分は、すでに英国にいた香港人からのものでした。合計約540万人の香港人が特別ビザ制度の下で英国市民権を得る資格があると推定されています。

英国政府は、新しいビザが30万人以上の人々とその扶養家族を英国に引き付ける可能性があると見積もっています。一方、中国は彼らを二流市民にするだろうと述べた。

英国内務省はこれについてコメントを控えたが、報道官はデータは今後数ヶ月で公表されると述べた。

これに先立ち、英国のボリス・ジョンソン首相は、明後日1月31日(日)に実現し始めた英国国民海外(BNO)香港パスポートの保有者に対する特別な英国ビザ制度を称賛した。

2020年に開始されたこのプログラムは、適格な香港市民に英国市民権を持つ機会を提供します。このプログラムは、香港で大きな反対に会った中国による新安全保障法の発行に伴って開始されました。

その後、このビザを取得すると、5年連続で英国に住み、勉強し、働いた後、市民権を申請することができます。

「香港BNOが我が国で生活し、働き、故郷を作るための新しい道をもたらしたことを非常に誇りに思います」とジョンソンは声明で述べた。

中国政府と香港政府は、1月31日から有効な旅行書類としてBNOパスポートを認めしないと述べた。BNOの地位は、特に香港の住民のために1987年に英国によって作成されました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)