コムナスHAMは、ITE事件の取り扱いについて議論するサイバーバレスクリム警察の総局を満たしています
コムナス・ハム (アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - コムナス・ハムはサイバー犯罪バレクリム・ポリ総局と会合を開いた。会議では、人権の枠組みの中でのITE法の実施に関連するケース処理のガバナンスの考え方(人権)と、その和解における代替調停について議論した。

「ITE法の適用は現在、法執行の取り組みに極論を持っていることを見て。したがって、コムナスHAM RIとポリは、人権調停を含む人権に基づく言論と表現の自由の侵害の事件を処理するための共同メカニズムを構築するために協力することが重要です」と、コムナスHAMコミッショナーのヘアランシャ・アフマドは2月23日火曜日に書面で述べました。

一方、コムナスHAMコミッショナーのM.Choirul Anamは、法執行機関のシナリオを含むソーシャルメディアスペースを利用する際の公共の利益のために人権原則を維持することの重要性に言及しました。

この会議は、コムナスHAMとディッティピッシバー・バレクスリム・ポリとの最初の理解をもたらし、取り扱いメカニズムとITEベースのケースの処理におけるそれぞれの貢献の具体的な会合をフォローアップする予定です。

両機関の共同枠組みは、人権原則、機関間の調整を含む法執行メカニズムを探求する合同チームで、さらに議論される。

2月23日(火)の会議には、コムナス・ハム・ヘランシャ委員長とM・シコールル・アナム委員長、コムナスHAMのスタッフが出席しました。一方、ディッティピッシバーはサイバー犯罪バレスクリム・ポリ・ブリッグ将軍スラメット・ウリアンドディが出席しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)