サンパンで100歳の少女の遺体で起訴された男
マポリス・サンパンの容疑者と証拠(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - 東ジャワ州サンパン警察の警察官は、地域のコミュニティグループ(ポクマ)の1つを脅迫したとして、それぞれAH(38)とAB(32)の非政府組織(NGO)を逮捕しました。

サンパン警察署長AKBPアブドゥル・ハフィズは、AHはジャラン・パフラワン・サンパンの住民であり、パンガレンガン地区、パン地区のAB住民は言いました。

2人の警察関係者から、インドネシア共和国ガバナンス監視庁(BP3RI)とNGOコミュニティ腐敗監督(KPK)RIからNGOの会員カードが見つかりました。

「さらに、我々はまた、Rp19,400,000、Rp100,000とRp50,000の宗派と同じくらいのお金を没収しました」と、警察署長アブドゥル・ハフィズは、2月23日火曜日にアンタラによって報告しました。2人の容疑者は昨夜2月20日(土)、サンパン州マクボエル通りのカフェで警官に逮捕された。

NGOのメンバー2人の逮捕は、被害を受けた人々の報告に由来する。時系列的に、2月13日(土曜日)にアブドゥル・ハフィズが続け、2019年の灌漑プロジェクトの作業が容疑者によって訪問された場合、pokmas管理者に知らされました。

その時、AHとABは、プロジェクトの作業に不規則性を発見したと述べました。被害者は2人の容疑者と連絡を取ろうとしたので、彼の調査結果を尋問する必要はなかったので、彼は当局に報告されなかった。

交渉では、2人のNGOメンバーは、調査結果が報告されたくない場合、被害者は1億rp100万rpを引き渡さなければならないと述べた。「被害者は怖がっていて、脅迫されると脅した」と警察署長は言った。

NGOとポクマの経営陣との交渉の終わりは、最終的に合意があった、ポクマは4000万rpを引き渡すことを喜んでいる。二人は夕方に一つの場所で会うことに同意した。

その後、1月20日(土)22時に、被害者はサンパン州マクボエルストリートのカフェで容疑者に会いました。

「しかし、これら2人のNGO活動家と会う前に、被害者は最初に警察をサンパンする脅迫と強要計画を報告しました」と、警察署長が言いました。

そこで、ポクマのマネージャーが2人のNGO活動家と会ったとき、被害者は凶悪犯に身を包んだサンパン警察官を伴っていました。会合では、被害者は直ちに合意された総額4,000万Rp400万のrp1940万を引き渡し、不足分は翌日に支払われると約束されました。

しかし、少し前に、2つのNGOはすぐに犠牲者に同行していた役員によって逮捕されました。その後、AHとABのイニシャルを持つ2人のNGO活動家はマポリス・サンパンに急行し、両方とも検査後すぐに調査チームによって拘束された。

サンパン警察の捜査チームに, 両方の主張, ポクマのマネージャーからの強要からお金を使用して急行に行くために.

彼の行動を説明するために、警察は容疑者に強要に関する刑法第55条第1項第1項を、懲役9年の脅迫を受けた。

2人の容疑者を逮捕することに加えて、警察はまた、証拠の数を押収しました。とりわけ、現金Rp19.4百万、容疑者ABに属する4NGOカードとAHに属する1NGOカード、iphone Sブランド携帯電話の1ユニット、HP Vivoの1ユニット、HPノキアの1単位、およびWhatsAppアプリケーションを通じて容疑者と被害者の間の会話の証拠。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)