東南アチェ警察の11人の囚人がボボルの天井から逃れ、8人が逮捕され、3人がDPOに入った
脱獄囚のイラスト(写真:アンタラ/HO)

シェア:

ジャカルタ - 南東アチェ警察本部(Agara)の細胞から脱走した囚人11人のうち合計8人が再び警官によって逮捕された。

役員はまだDPOに参加している他の3人の受刑者を捜しています。

「脱走した11人の囚人のうち8人も確保された囚人たち」と、アガラ警察署長のAKBPワニト・エコ・スリストヨは2月23日(火曜日)にアンタラが報告した。

これらの囚人は以前、天井に侵入してアガラ警察の拘留から脱出していました。彼らは脱出経路のための「はしご」としていくつかの生地を織ります。

11人の脱獄囚は、パウジ、サヒディル、マフムディン、ロミ・ハサン・バスリ、サハルディン、イクバル・ラマダン、ファティ、M・ナザール、イルマンディ、サバンディ、デディ・シャプトラである。

ワニト・エコは、8人の囚人が地元の警察の拘留独房に再び入院したと言いました。他の3人はまだ警察官の捜索中であり、DPOの地位を確立しています。

「はい(3つの指定DPO)、オプスナルサットインテルチーム、レスクリムユニットと麻薬ユニットは、まだ残りの3人の囚人に対して捜索と追求を行っています」と、ワニトが言いました。

警察署長は、11人の脱獄囚は以前に異なる事件で逮捕され、そのうち2人は強盗で逮捕され、9人は麻薬事件に関連していると述べた。

「麻薬事件で9人、他の2人が強盗事件を起こした」とワニト・エコ・スリストヨは言った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)