レムハナス・パシル・ラウト・バリューはインドネシア共和国の領土境界を脅かすものではありません、これが理由です
海砂採掘のイラスト(アンタラ)

シェア:

ジャカルタ-国立レジリエンス研究所(Lemhannas)は、海洋堆積物の管理に関する2023年の政府規制(PP)第26号に規定されているように、海砂輸出政策はインドネシアの領土境界を脅かすものではないと評価しています。

国防研究所のアンディ・ウィジャジャント知事は、1982年の国連海洋法条約(UNCLOS)は海域の境界を明確に規制していると説明した。

「UNCLOS 1982によると、人工島の形成による海上境界の変化があるため、海域の拡大は不可能であると理解しています」と、ANTARAが6月14日水曜日に引用したAndi Widjajanto氏は述べています。

アンディは、2023年のPP番号26は、UNCLOS1982で義務付けられているように、輸送レーンのセキュリティと安全性を確保するための政府の政策の1つであると説明しました。

「私がルールから理解しているのは、主な目標は、私たちの船路の堆積の問題を克服することです。UNCLOS 1982に基づき、我々は、ALKI(インドネシア諸島海路)I、II、IIIにおける航行の安全と自由を確保する責任を負わなければならない。したがって、ALKIの深さが世界基準に従っていることを確認する必要があります」と彼は説明しました。

したがって、アンディは、海上での堆積物のが輸送レーンのセキュリティと安全性の基準を超えている場合、実際に必要です。

そして、彼によると、堆積の結果としての海砂も、利用されなければならない経済的可能性を秘めており、2023年のPP番号26で規制されています。

「その後、国内のニーズに最も重要な用途に使用できる海砂の形でサイド製品を持つことができ、これらの規則では、(海砂は)国内のニーズが満たされている場合にのみ輸出することができます」とAndi氏は述べています。

以前、ジョコ・ウィドド大統領は、2023年のPP第26号が実際にサンゴ礁の航海と生態系を妨げる可能性のある海上の堆積を規制していることを強調しました。

「PP内のものは土砂であり、はい、海運を妨げる土砂であり、サンゴ礁も妨げます」とジョコウィは水曜日にジャカルタで開催された2023年政府内部監督のための国家調整会議(Rakornas)で指示を与えながら言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)