米国議会委員会、新疆ウイグル人イスラム教徒の人道犯罪と大量虐殺疑惑を明らかに
ウイグル人イスラム教徒の写真イラスト。(出典:ウィキメディア・コモンズ)

シェア:

ジャカルタ - 米国議会は、新疆西部地域におけるウイグル人イスラム教徒やその他の少数民族の扱いに関連して、中国がジェノサイドを疑っている。

これは、中国議会執行委員会(CECC)木曜日の現地時間の報告書に記載されている通りである。CECCは、この1年で新疆での人道的犯罪やジェノサイドの可能性、米国のウイグル人への嫌がらせに関連する新しい証拠が出てきたと述べた。

民主党のジム・マクガヴァン共同議長は、この1年間の人権破壊に対する中国の行動は衝撃的で前例のないものであり得る、と述べた。したがって、CECCは議会とジョー・バイデン政権に対し、中国政府の責任を問うよう促している。

「米国は引き続き中国国民の闘争を支援し、中国政府による人権侵害に対する統一的かつ協調的な対応で世界をリードしなければならない」とロイターは述べた。

中国自体は、部外者が強制収容所と呼ぶ反体制派を根絶するための訓練センターと表現する新疆に複合施設を設立したことで、様々な当事者から批判を受けている。

国連によると、新疆ウイグル自治区では少なくとも100万人のウイグル人やその他のイスラム教徒が拘束されている。宗教指導者や活動家グループなどは、ジェノサイドを含む人道に対する罪がそこで行われていると言います。

中国政府はこの申し立てを否定している。ワシントンの中国大使館は、CECCは「中国を中傷するためにあらゆる種類の嘘を作ることに執着している」と言いました。

「いわゆる『ジェノサイド』は、一部の反中勢力によって意図的に始まった噂であり、中国の信用を落とすための冗談だ」と中国大使館の報道官は述べた。

米国自体は以前、そこで起こっているとされる残虐行為に関連して、新疆問題を懸念してきた。しかし、大統領の就任に先立つ国の混乱と、米国大統領選挙の勝者の副大統領は、国に向けられた焦点を作ります。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)