アルジェリアの爆弾爆発で5人が死亡
イラスト(ピクサベイ)

シェア:

ジャカルタ - 国防省によると、1月14日木曜日にアルジェリア東部で自家製爆弾が爆発し、5人が死亡し、3人が負傷した。

北アフリカの国での暴力は、当局が20万人の命を奪った紛争で、1990年代に武装過激派グループとの戦争を終えて以来、あまり頻繁になくなっています。しかし、イスラム・マグレブ(AQIM)のアルカイダと小さなイシス同盟グループは、国の遠隔地で活動しています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)