COVID-19ワクチンを注射された翌日、警察署長イダム:私は大丈夫です
警察のイダム・アジス最高監察官(写真:警察広報)

シェア:

ジャカルタ - 警察署長のイダム・アジスは、国家ワクチン接種プログラムでCOVID-19ワクチンを注射された人々の一人になった後、彼の状態を共有しました。彼は症状は一切ない、と言った。

「私は大丈夫です」と、イダム・アジスは1月14日木曜日の声明の中で言いました。

彼の体の状態を細かく呼び出し、副作用を感じなかったことに加えて、Idham Azisはまた、ワクチンが彼に注射されたときに痛みはないと述べました。

彼は、彼の体にワクチンを注入した医師のチームは、うまく迅速に働いたと言いました。なぜなら、無意識のうちにワクチンが注射されたからです。

「ノウハウは終わった(迅速なプロセス)」と彼は言った。

以前に報告されたアイダム・アジス将軍は、ジャカルタのムルデカ宮殿で象徴的に国家ワクチン接種プログラムでCOVID-19ワクチンを注射された最初の人物でした。

「私は国家警察でCOVID-19ワクチンを受けた最初の人物です」と、彼は1月13日水曜日に言いました。

その際、警察署長もこの予防接種プログラムの成功に参加するよう国民に訴えました。

「私は、国家警察と地域社会の全階級がこの予防接種に参加し、私たち全員がCOVID-19の危険性から抜け出すことを恐れないようにしたいと思います」と、彼が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)