SARバンドン、スペダン地すべりで死亡した24人の犠牲者の調査結果を記録
共同SARチーム(アンタラ)によるスペダン地すべり犠牲者の避難

シェア:

ジャカルタ - バンドン捜索救助局(SAR)は、西ジャワ州スメダンリージェンシーのチマングン地区で土砂崩れで死亡しているのが見つかった24人の犠牲者がいると指摘した。

バンドンSAR事務所のデデン・リドワンシャ所長は、1月14日木曜日の朝に捜索が続けて以来、3人の犠牲者が遺体で発見されたと語った。

そうすれば、合同捜索救助隊の捜索にはまだ16人がいるという。

「現在見つかった犠牲者の総数は13.00 WIBまで3人です。その後、犠牲者はダダップ田畑保健センターに連れて行かれました」と、彼は木曜日の夜にアンタラによって言ったと報告されました。

捜索の6日目に最初の犠牲者が発見されたのは09.00 WIBでした。被害者はヤヤットという男性で、42歳だった。

午後12時35分.m、22歳のシャリップという名前で男性の犠牲者が見つかり、午後12時51分にM.ユスフという男性の犠牲者が見つかりました。

デデンは、3人の死者は災害現場で捜索救助隊のセクター1捜索で発見されたと言いました。セクター1は、地すべりに見舞われたバレーボールコートエリアです。

「今日の人員の数は、バサルナス・バンドン、BPBD、西ジャワ警察、TNI、PMI、スメーダン保健局からなる668人の人員に相当します」と、Dedenが言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)