ガソリンを満たしている間にタバコを吸う叱責された運転手、マカッサルのガソリンスタンドの従業員は準備しました
イラスト/ピクサベイ

シェア:

MAKASSAR - 南スラウェシ州マカッサル(南スラウェシ)のガソリンスタンドの従業員で、フィ(26)のイニシャルが迫害の犠牲者になりました。虐待は、被害者がガソリンスタンドで満タンにしようとしている間に喫煙した運転手の一人を叱責したために起こりました。

カスプト・ディトレスクリム・ポルセル・スルル・スルル・スプリアントは、被害者がマカッサルのUIMキャンパスの隣にあるジャラン・ペリンティス・ケメルデカーアンの燃料を満たしたい加害者を叱責したことを明らかにした。

叱責されたとき、犯人はタバコの電源を切ることを拒否した。被害者は直ちにガソリンスタンドの監督者に苦情を申し立てた。被害者はガソリンスタンドの監督者と一緒に、その後、ガソリンスタンドエリアから加害者を追い出しました。

治療を受け入れなかった加害者は、10人のパートナーと一緒に戻ってきました。被害者は痴漢を受け、マチェーテで切りつけられた。

「右手の頭、右腕、指の傷」とコンポル・スプリエントは1月14日(木)VOIに語った。

被害者を痴漢した後、加害者はガソリンスタンドを出ます。加害者はまた、ガソリンスタンドの隣に駐車したオートバイを損傷しました。

「加害者は逮捕されておらず、加害者はまだ追跡中です」とコンポール・スプリピエトは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)