ラハルジャサービスは、スリウィジャヤ犠牲者SJ-182の6相続人に補償を渡しました
PTジャサ・ラハジャ・ジャティム・スハディ支部長(左)は、1月13日(水)、自宅のスラバヤで相続人のファディリー・サトリアントに補償金を引き渡した。(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - 1月14日木曜日まで、PTジャサ・ラハルジャ(ペルセロ)は、ジャカルタのケプラウアン・セリブの海域で墜落したスリウィジャヤ航空墜落事故番号SJ-182便の犠牲者の6人の相続人に補償を引き渡しました。

「これに続いて、ジャサ・ラハルジャは、適用される規制に従って被害者の相続人への補償配達の準備について被害者の家族に連絡し、被害者の家族に連絡を取り、再び訪問しました」と、ジャカルタのラハルジャ・ブディ・ラハルジョ事務局長はジャカルタでの書面で述べました。

相続人の口座への譲渡メカニズムを通じて特定された6人の被害者の相続人に補償が与えられ、 とりわけ、相続人として妻にオクキー・ビスマ、相続人として両親/父親にファドリ・サトリアント、相続人として夫にハサナ、相続人として妻にアシー・ハブル・ヤミン、相続人として両親にインダ・ハリマ・プトリ、アグス・ミナルニは相続人として子供に。

「各死亡被害者は、2017年インドネシア国財務大臣規則15に従い、5000万Rpに相当する基本的な政府保護の一形態として補償を受ける。この場合、ジャサ・ラハルジャの完成は、DVIポリによって発表が特定されてから24時間以内です」と、ジャサ・ラハルジャの大統領ディレクターが言いました。

木曜日まで、災害犠牲者識別チームまたはDVI Polriは、スリウィジャヤ航空SJ-182の墜落事故の犠牲者であった6人の乗客の識別結果を発表しました。 すなわち、オクキー・ビスマ(ジャカルタ)、ファドリ・サトリアント(東ジャワ)、ハサナ(西カリマンタン)、アシー・ハブル・ヤミン(西カリマンタン)、インダ・ハリマ・プトリ(南スマトラ)、アグス・ミナルニ(西カリマンタン)。

これに関連して、ブディ・ラハルジョは犠牲者の家族に心から哀悼の意を表しました。

以前は、ジャカルタ・ポンティアナック路線のフライト番号SJ-182のスリウィジャヤ航空のフライト登録番号PK-CLCは、1月9日(土)14.40 WIBで連絡を失い、ランケン島とラキ島の間のケプラウアン・セリブの海域で墜落しました。

マニフェストデータによると、1994年に生産された航空機は、50人の乗客と12人の乗組員からなる62人を運んでいました。このうち40人が成人、7人の子供、3人の幼児であった。12人の乗組員は6人の現役乗組員と6人の余分な乗組員で構成されています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)