憲法裁判所、大統領しきい値をめぐるリザル・ラムリの訴訟を却下
シニアエコノミストのリザル・ラムリ。(写真:インスタグラム@rizalramliofficial)

シェア:

ジャカルタ - 上級エコノミストのリザル・ラムリは、大統領のしきい値規則を廃止するという主張は憲法裁判所によって却下された。

訴訟では、リザル・ラムリは、大統領候補者を運びたい多くの政党の憲法上の権利を排除するしきい値ルールを呼び出しました。

憲法判事アリエフ・ヒダヤットは、リザル・ラムリは適用する法的立場がないと言いました。

法的な配慮の中で、裁判所は、1945年憲法第6A条(2)に従って、大統領候補者と副大統領の配偶者は、政党または選挙参加者の複合政党によってのみ提案することができると述べた。

この記事に従って、候補者の配偶者の提案は、憲法上の権利を有し、適用する法的立場を持つ法律の主題が政党または複合政党であることを示す個人の意志によって決定されません。

「したがって、申請者が提出した申請に従って憲法上の不利益を受ける権利を有する人々は、政党または複合政党です」と、アリエフ・ヒダヤットは1月14日木曜日にアンタラを報告しました。

以前の公聴会で、リザル・ラムリは、ほとんどの大統領候補者が政党によって要求された賛辞を支払うお金を持っていないので、選挙で競争することができない最高の候補者を作るしきい値ルールを呼び出しました。

彼によると、国の優勢な民主主義システムは、唯一の特定のグループに利益をもたらし、民主党の競争に入るために資格と完全性の数字の出現を阻害します。

しかし、彼が憲法裁判所の見解を変えるために構築した議論は、裁判官のパネルが彼が法的立場を持っていないと判断したので、考慮されませんでした。

2017年第7条第7条の全体的な合憲性試験規定は、憲法裁判所によって12回決定された。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)