裁判でバリ島の女性テラー銀行のティーンキラー、泥棒に怒鳴られながら38件の刺殺が発生
バリ島デンパサールで銀行窓口殺人罪に問われている(ANTARA)

シェア:

デンパサール - PAHP(14)のイニシャルを持つ国営銀行員の殺害を犯したティーンエイジャーは、バリ島のデンパサール地方裁判所で起訴審理に直面しています。公聴会は非公開で事実上行われた。

「それは意図的に、そして計画された他人の命の最初の損失、すなわち国営銀行の従業員として働いていたニ・プトゥ・ウィディアスティティという犠牲者です」と、検察官ニ・コマン・サスミティと検察官ニ・コマン・サスミティは、1月14日木曜日にアンタラを引用しました。

この場合、被告は、プリメア起訴の刑法第340条、補助金の起訴に関する刑法第338条、より多くの補助金の起訴で第365条(3)の罪で起訴される。

検察官は、2020年12月26日土曜日に約12.00 WITAで事件の始まりを説明し、被告はジャラン・ケルタネガラ・グ・ウィドゥラ第24番デンパサールの被害者の家を通り過ぎ、彼の家に一人で住んでいた被害者ニ・プトゥ・ウィディアスティを見た。

さらに、2020年12月27日(日曜日)16:00 WITAで、被告は被害者の家で盗むために彼の行動を計画し始めました。被告は自宅で自分の包丁を持ち始め、腰に巻き込んだ。被告はその後、被告の下宿から約25メートル離れた被害者の家に行った。

その瞬間、被告は被害者の家の門がドアに取り付けられた南京錠だけで閉まっているのを見た。

「被害者は2階の自分の部屋で携帯電話で遊んでいました。彼が振り向くと、被害者は被告を見て、強盗を叫びました。被害者が強盗を叫んでいるのを聞いて、被告はすぐに被害者の口を押さえて、すぐに彼が用意したナイフを取った」とウィディア検察官は言った。

事件当時、被害者はナイフをつかもうとし、被告に奪還された。そこで被告は、被害者がぐったりした状態で死亡するまで、被害者の体の一部に約38回の穿刺を突き刺した。

さらに、被告は被害者の貴重品を捜索し、Rp200,000を含む被害者のバッグを取り、被害者のバイクを取った。被害者のバイクを手に入れた後、被告は300万Rp100のためにそれを質に入れた。

ハリ・スプリヤント判事が主導した裁判では、起訴の議題が証人の審査を続けた後も。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)