ジャカルタ-Cikampek IIの高架有料道路料金は2021年1月17日から上昇
ジャカルタ - シカンペック有料道路。(イルファン・メイディアント/VOI)

シェア:

ジャカルタ - PTジャサ・マルガ(ペルセロ)Tbk.は、ジャカルタ・シカンペックII高架有料道路別名ラヤン有料道路の関税を既存の道路と統合または調整しています。したがって、ジャカルタIC-Cikampek有料道路が増加します。

PTジャサマルガ・ジャランラヤン・チカンペック(JJC)のベラ・キラナ理事は、この関税調整は、経済状況が回復し始めていると考え、特にCOVID-19ワクチン接種プログラムは1月13日(水曜日)から実施され始めたと述べた。

「現在、ワクチンプログラムを通じてパンデミックを処理することを期待して、ジャカルタ・シカンペックとジャカルタ・シカンペックII高架区間(2021年1月17日00:00西インドネシア時間)に統合関税が適用されます」と、彼は1月14日木曜日の仮想記者会見で言いました。

ベラは、2019年12月15日の操業以来、ジャカルタ-Cikampek II高架有料道路は今まで請求されていないので、有料道路利用者は追加料金を請求されることなく無料で渡ることができると言いました。

「12月15日、現在約13ヶ月まで関税なしで運営。「2019年12月15日以来、ペンタリファンが使用していたのは、既存のジャカルタ・シカンペック関税です」と、彼が言いました。

同じ機会に、ジャサ・マルガ・ドウィマワン・ヘルのコーポレート・コミュニケーション&コミュニティ開発グループの責任者は、2020年10月22日付けの公共事業・公営住宅大臣(PUPR)No.1524/KPTS/M/2020の法令に従って、この統合関税の実施を確認しました。

ヘルは、PUPR省は数ヶ月前から受け入れられているが、ジャサ・マルガは現在進行中のCOVID-19パンデミック状態を考慮して関税調整を行っていないと付け加えた。

「現在、ワクチンプログラムを通じてCOVID-19パンデミックを処理することを期待して、ジャサ・マルガは実際に1年以上遅れているジャカルタ・シカンペックII高架有料道路関税を課します」と、Heruが言いました。

ジャカルタICの統合された新しい関税の金額の内訳は次のとおりです。

エリア 1 ジャカルタ IC - ポンドック ゲデ バラト / ポンドック ゲデ ティムール:

- ゴールI Rp 4.000

- ゴールII Rp 6.000

- ゴール III Rp 6.000

- ゴールIV Rp 8.000

- ゴールV Rp 8.000

エリア 2 ジャカルタ IC - シカラン・バラト:

- ゴールI Rp 7.000

- ゴールII Rp 10.500

- ゴール III Rp 10.500

- ゴールIV Rp 14.000

- ゴールV Rp 14.000

地域 3 ジャカルタ IC - 西カラワン:

- ゴールI Rp 12.000

- ゴールII Rp 18.000

- ゴール III Rp 18.000

- ゴールIV Rp 24.000

- ゴールV Rp 24.000

地域 4 ジャカルタ IC - シカンペック:

- ゴールI Rp 20.000

- ゴールII Rp 30.000

- ゴール III Rp 30.000

- ゴールIV Rp 40.000

- ゴールV Rp 40.000


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)