WHO:COVID-19パンデミックの2年目は最も難しい
写真イラスト(ジョナサン・ボルバ/アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - 世界保健機関(WHO)は、COVID-19パンデミックの2年目が最初の最も難しいと言います。パンデミックの2年目には、武漢からのウイルスは、新しいCOVID-19変異体であっても、北半球に広がっています。

「我々は今年2年目に入る、それは伝達のダイナミクスと我々が見ている問題のいくつかを考えると、さらに困難になるかもしれない」と、最高幹部のマイク・ライアンは、1月14日木曜日にロイターが言ったと伝えられました。

「確かに北半球、特にヨーロッパと北米では、冬の嵐、人々が入ってきて、社会的混合の増加、そして多くの国で感染の増加を引き起こしている要因の組み合わせを見てきました」と、ライアンは言いました。

ライアンとあまり変わらない。COVID-19のWHOテクニカルリード、マリア・ヴァン・ケルホーヴは、年末の休暇の後、世界のいくつかの国の状況が悪化していると言いました。

その理由は、休日を終えた後、送信数が増加する。特に英国で検出された新しい変異体の発見と。

「ピークとトラフのパターンにとどまるか、より良い方法で乗り切ることができるのではないかと心配しています」とヴァン・ケルホーヴは言います。

ヴァン・ケルホーヴはまた、常に物理的な距離を維持するために世界社会に呼びかけた。「遠く離れるので、良いです。しかし、家の外にいる人からは、その距離を置いておく必要があります。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)