検察、ジョコ・タンドラのフォローアップ公聴会で5人の証人を発表
ジョコ・タンドラ (DOK.間)

シェア:

ジャカルタ - 最高裁判所(MA)ファトワ管理の申し立てに関するフォローアップ審理が本日再び行われた。検察官(JPU)が5人の証人を発表した。

「ファトワMAに関連するジョコ・タンドラの裁判の5人の証人」とジョコ・タンドラの弁護士、ソエシロ・アリボボは1月14日木曜日に記者団に語った。

裁判で提示される証人には、ムハンマド・オキ・ズハイミ、ウシン、ダナン・スクマワン、シャリエフ・スラエマン・ナフディ、スラスマンが含まれます。

中央ジャカルタ地方裁判所の事件追跡情報システム(SIPP)のウェブサイトに基づき、事件番号を含む裁判

50/Pid.Sus-TPK/2020/PN Jkt.Pst は 10.00 WIB から開始されます。

「10.00 WIBで終了するまで」ページから引用。

ジョコ・チャンドラはピナンキ・シルナ・マラサリに50万米ドルの賄賂を渡した罪に問われている。この資金は、司法長官室の検察官としてピナンキ(Kejagung)が、最高裁判所(MA)からファトワを持ってインドネシアに戻る際に処刑されない銀行バリの法案権(cessie)の移転の場合、当時逃亡者だったジョジョ・チャンドラを求めたという意図で与えられた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)