2,114人がボートでの無料ホームカミングにサインアップ
写真イラスト/バカウヘニ港/ドックアンタラ

シェア:

ジャカルタ-運輸省(Kemenhub)は、金曜日の午後の時点で、木曜日(23/3)に登録が開始されて以来、2,114人もの人々がボートで無料の帰省プログラムに登録したと述べました。

船による無料帰国プログラムは、2023年4月15日と17日に、ジャカルタのタンジュンプリオク港からスマランのタンジュンエマス港までのルートで開催されます。

「今日の時点で、4月15日(2023年)の帰省フローには、160台のオートバイと352人が登録されています。その後、4月17日(2023年)には776台のオートバイと1,762人がいます」と、3月24日金曜日にアンタラが報じたジャカルタでのメディアブリーフィング 「 2023年の運輸省の無料帰国の実施に関する最新情報」で、運輸省のアントニアリフプリアディ海上輸送局長は述べています。

したがって、4月15日と4月17日の帰省フローを合計すると、2,114人もの人々と936台のオートバイが登録されています。

提供された帰省フローの合計割り当て、つまり1日あたり2,500人の乗客割り当てと1,250台/日のオートバイ割り当て。4月15日と17日の2日間の帰省枠は5,000人とバイク2,500台です。

アントニは、4月15日の帰省枠では、まだ1,088台のオートバイと2,142人がいると述べました。一方、4月17日の帰省枠は、465台、707名ものオートバイに残されています。

一方、逆流も2023年4月25日と28日のタンジュンエマス-タンジュンプリオクルートの2回です。提供される返品の割り当ても、1日あたり2,500人、1日あたり1,250台のオートバイです。

「4月25日のスマランからジャカルタへの帰りの流れでは、新しいオートバイは253台、新しい人は617台です。その後、4月28日には、710台のオートバイと1,573人。ですから、まだ多くの割り当てがあります」とアントニは言いました。

船によるオートバイの無料帰省プログラムは、道路輸送交通の円滑さを改善し、道路利用者、特に北海岸ルート(パンチュラ)のオートバイ利用者の交通事故の可能性を減らすことを目的としています。

さらに、イード2023に帰省するための代替交通手段を導入するための海上輸送総局からの支援の一形態でもあります。

2023年のイード輸送期間中、運輸省は旅行者数の増加を予測しています。運輸省交通政策庁が実施した調査によると、旅行者数は1億2,380万人に達し、2022年の8,550万人と比較して増加しました。運輸省は、無料の帰省により、船付きのオートバイが既存の帰省の密度を減らすことができることを望んでいます。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)