今後4か月まで、Bulogはポノロゴパシタンとマゲタンの米の在庫が安全であることを保証します
東ジャワ州ポノロゴリージェンシーのブログ倉庫で米の在庫を確認しながら、ポノロゴリージェンシーのペルムブログ支店長、アンスギアルト(ANTARA / HO-dnr)

シェア:

ポノロゴ-ロジスティクス庁(Bulog)のポノロゴ支部は、東ジャワのポノロゴ、パシタン、マゲタンの摂政を含む作業地域の米在庫が、今後4か月間の人々の消費ニーズを安全に満たすことができるようにします。
 
「私たちは安全です。ポノロゴの作業地域全体とその周辺地区にはさらに11,000トンの在庫があります」と、12月4日 日曜日、アンタラのポノロゴにあるポノロゴリージェンシーブログペルム支部長のAan Sugiartoは述べています。
 
Bulogベンチマークは、過去2か月間の人々の米のニーズを指し、平均消費量は月に約2,500トンであると言われています。
 
米の需要の比率が多かれ少なかれ同等である場合、貯蔵倉庫で入手可能な米の在庫は、今後4か月間のニーズを満たすことができます。
 
「これは、人々の米の平均消費量が1か月あたりである場合、今後4か月間管理している在庫です」とAan氏は説明しました。
 
それでもAanによると、Bulogの米の在庫は価格の安定化、予算グループ、自然災害に備えています。
 
特に価格安定化のために、米はキログラムあたり8,300ルピアの価格でBulogに預けられ、消費者レベルでは、価格はキログラムあたり9,450ルピアの価格で中米の最高小売価格(HET)を超えないように安定しています。
 
「中米は確かに増加していますが、収穫量は減少していますが、需要は増加しています。さらに、クリスマスと新年に直面することも効果があります」と彼は言いました。
 
ポノロゴ、パシタン、マゲタン地域の在庫確保に加えて、ブログのポノロゴ支店は、スラバヤ2000トン、ケディリ300トン、ボンドウォソ1,000トン、NTT、マルク600トンなど、他の地域にも米を送ることがよくあります。
 
 
「ポノロゴは余剰の支店に入りました。困っている他の地方事務所に送ることができます」と彼は結論付けました。 

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)