サンディアガ・ウノはパスポートの有効期間が長くなっているにもかかわらず、インドネシアの観光を求めています
サンディアガ・ウノ(写真はツイッター経由)

シェア:

ジャカルタ - ジョコ・ウィドド大統領の移民批判は大きな決定をもたらしました、今パスポートは最大10年間使用することができます。

それはそこでは行われていません。入国管理局はまた、在留許可証(KITAS)の作成における管理が加速されることを規定しています。前の2週間から、今は2日で十分です。

それにもかかわらず、サンディアガ・ウノ観光・創造経済大臣は、インドネシア国民に国内旅行を引き続き求めていることを明らかにした。この招きは,ジョコウィ大管長が期待していることとも密接に関連しています。

「インドネシアにはバリ、ラブアンバホ、ワカトビ、鳥羽、ラジャアンパット、ブロモ、ジョグジャカルタ、バンカベリトゥン、ボロブドゥール、ジャカルタなど、多くの興味深い観光地があるため、ジョコウィ大統領がジョコウィ大統領の招待を歓迎する」とサンディアガは10月5日水曜日に述べた。

「今日のような世界的な危機的状況では、ジョコウィ大統領は、来る外国人観光客(観光客)の数も増加していないことを考慮して、観光部門の赤字を引き起こす可能性があるように、人々が海外に集まることさえ許さないことを望んでいます」と彼は言いました。

「国内を旅行することで、観光は高い乗数効果を持つセクターであることが証明されているため、コミュニティの経済的復活も支援します」と彼は締めくくりました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)