内務大臣、地域の長に時代遅れの考え方を変えるよう要請、デジタルリテラシーを持たなければならない
ティト・カルナヴィアン内務大臣/DOCアンタラ・ホ・ケメンダグリ経由

シェア:

ジャカルタ - 内務大臣(メンダグリ)ムハンマド・ティト・カルナヴィアンは、地域の指導者たちに、彼らが通常の方法でリードしないように時代遅れの考え方を変えるよう求めました。

「これは、コミュニティが効果的かつ効率的にサービスを実施することを必要とする世界的な変化に直面しているために必要です」と、10月5日水曜日にANTARAが引用したように、内務大臣Tito Karnavianは述べました。

内務大臣は、革新的で変化に適応性のない地域首脳は確実に取り残されることを強調した。

「デジタルリテラシーを持ち、それぞれの地域を支援するためにそれぞれの地域で適用および適用できる可能性を確認する必要があります」と彼は言いました。

内務大臣は、地域のトップが、スマートシティの概念をそれぞれの地域に適用するための技術開発を採用する政治的意思(政治的意思)を持つことを期待しています。

Tito氏は、地域のトップに、以前に他の地域で実施されていたスマートシティの概念を模倣する政策を取ることを躊躇しないよう求めた。

ティト・カルナヴィアン内務大臣は、地域のトップに、スマートシティを創造できるように、情報通信技術(ICT)の開発を活用するよう要請した。

「グローバリゼーションは、世界と生活秩序をより速く変化させます。したがって、地域の長は、特に情報技術の活用において、時代に適応できることが求められています」と彼は言いました。

ICTの活用は、地域のトップが迅速かつ正確かつ正確に意思決定を行えるように、すべて統合されたシステムを作り出している、と彼は続けた。

「私たちはもはや『いつも通りのビジネス』に頼ることはできず、通常の方法に頼ることはできず、手遅れです。したがって、情報通信技術を活用するための措置を講じる必要がある」と述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)