COVID-19ワクチンの在庫は底をつき、タンゲラン保健局は省政府と中央政府に追加の要求を提出
イラスト-(写真:ドックアンタラ)

シェア:

タンゲラン - バンテン省のタンゲランリージェンシー政府は、COVID-19ワクチンの追加供給の要求を提出し、現在も中央政府からのワクチン出荷を待っています。 
 
「私たちは、配布を待っているだけで、州政府と中央政府に要請しました」と、タンゲランリージェンシー保健事務所の疾病予防および管理責任者であるスミハル・シハロホは、10月5日水曜日、アンタラのタンゲランで短いメッセージで述べました。 
 
彼は、タンゲランリージェンシーのCOVID-19ワクチンの在庫が少なくなり始めたため、同省が追加供給の要求を提出したと述べた。「在庫はありますが、薄いです」と彼は言いました。
 
COVID-19ワクチンの在庫が入手可能なため、毎週月曜日にタンゲランリージェンシーヘルスオフィスはCOVID-19ワクチン接種サービスセンターを開設しています。
 
しかし、彼によると、COVID-19ワクチンの限られた在庫は、プスケスマでの予防接種サービスの実施に影響を与えます。
 
「保健センターでのCovid-19ワクチンサービスは、(ワクチン)在庫の枯渇により、現在制限されています」と彼は言いました。
 
彼は、すべてのターゲットに対するワクチン接種の実施が直ちに完了できるように、部門がすぐにCOVID-19ワクチンの追加供給を受け取ることを望んでいます。
 
政府のデータによると、タンゲランリージェンシーのCOVID-19ワクチン接種の目標は約280万人です。
 
 
記録されたワクチン接種の1回目、2回目、および3回目の投与は、タンゲランリージェンシーのCOVID-19ワクチン接種ターゲットの80%、67%、および30%をカバーしています。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)