トラに捕食されたソロク住民が所有する14頭のヤギ
トラに捕食された疑いのあるソロックリージェンシーの住民に属するヤギの状態を見たとき、警察と一緒にいた住民(ANTARA / HO-Polres Solok)

シェア:

ソロク - 西スマトラ島ソロクリージェンシーのパヨンセカキ地区、ナガリスパヤンの住民に属する合計14頭のヤギがトラに捕食されました。

ヤギを飼っている住民のロイ・インドラ(42歳)は、今日、14.00 WIB頃に彼の畑のヤギ小屋に到着した後、事件を知ったと言いました。

ヤギ小屋は、ジョロンティアガン、ナガリスパヤン、パユンセカキ地区、ソロクリージェンシーの畑の真ん中にあります。

さらにロイは畑に向かう途中で虎型の獣の足跡も見つけた。

「ヤギが流された場所では、血が飛び散っているのも発見され、ヤギの動物の体はトラによって引き裂かれ、ケージの横に散らばっていました」と、10月4日火曜日にANTARAが報じたように、彼は語った。

ロイはまた、畑のエリアに小屋のそばに、体を引き裂かれた2匹の死んだヤギが見つかっていることを発見しました。

その後、彼は隣人やナガリ・スパヤンの政府関係者に事件を知らせた。

ナガリスパヤン政府グループは、地域社会とともに、関垣傘警察の職員も同行してチェックを実施しました。

ナガリ政府と関木雨傘警察のメンバーは、直ちにソロク地方のBKSDAと協力して事件をフォローアップしました。

この事件の結果、ロイは死んだヤギの詳細、すなわち7頭の母ヤギ、4頭のシングルヤギ、3匹のヤギの子を含む約2500万ルピアの損失を被った。

さらに、事件の原因は、ヤギ小屋をロックするのを忘れた被害者の過失によるものとされている。 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)