韓国、2023年に6番目のスーパーコンピュータを導入:宇宙技術へのチップ開発を支援
ヌリオンのスーパーコンピュータ。(出典:KISTI)

シェア:

ジャカルタ - 韓国は、科学の進歩を促進し、疾患研究、ハイテク産業に必要な材料の開発、人工知能(AI)技術の面で国民経済に貢献する一環として、現在のNurionスーパーコンピュータの32倍の速さを主張する第6スーパーコンピュータの導入を計画している、と国営研究機関は火曜日に述べた。

「スーパーコンピュータとは、大容量の演算を行う大型の計算システムです。AI技術やその他の技術、計算科学を活用することが重要なインフラとして重要になります」と、韓国科学技術院(KISTI)の国家スーパーコンピュータ部門のイ・シク局長は、9月27日に韓国タイムズを立ち上げたソウルでの記者会見で述べた。

「従来と比べると、スーパーコンピュータは基礎科学に使われることが多いのですが、今では認知症やがん研究など、人の生活や産業に関わる研究や、電池や半導体の材料開発など、より広く利用されています」

韓国は1988年に最初のスーパーコンピュータシステムを導入して以来、5台のスーパーコンピュータを構築してきた。しかし、2018年に導入されたNurionは、平均利用率が約75%、最大90%と過負荷となっており、新しいスーパーコンピュータを導入する必要性が浮上しました。

米国、日本、欧州などの先進国が通常、4~5年ごとにスーパーコンピュータを交換することを考えると、次世代のスーパーコンピュータを構築する必要性が高まっているとKISTI氏は述べています。

2021年5月、KISTIは6台目のスーパーコンピュータを導入する計画を発表し、政府は3月から7月にかけて最初の実現可能性調査を実施しました。

8月11日、総額2,929億5,000万ウォン(2億520万ドル)の予算で新スーパーコンピュータシステム計画が承認された。KISTIは、2023年末までに新システムの運用を開始できると述べた。

「Nurionを導入した際、性能面では世界で11番目のスーパーコンピュータとして認められました。来年末までに第6号機の運用を開始すると、コンピューティングシステムも世界で8位から11位になると予想しています」とLee氏は述べ、新しいスーパーコンピュータは研究者がAI技術を開発するのを助けるためにより多くのグラフィックス処理ユニットを使用すると付け加えました。

KISTIは、6台目のスーパーコンピュータは、同国が科学技術部門で世界のトップ5に入るのを助けることが期待されていると述べた。

これにより、研究者は、電池やチップの新材料の開発、次世代原子炉のシミュレーション研究、新薬の開発、宇宙技術の進歩に利用できるようになります。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)