保健省から信頼された3つのUIラボがワクチン研究センターの一部に
UIキャンパス内UI大宇財団バイオアナリシス研究室(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - インドネシア大学(UI)の3つの研究所は、ワクチンとバイオテクノロジー製品に関するイスラム協力機構(OIC)センターオブエクセレンス(CoE)ネットワークラボまたはワクチンとバイオテクノロジー製品のOIC研究センターの一部であると保健省から信頼されています。

CPRの広報・KIP UI局長アメリタ・ルシア M.Sc は、3つのUIラボはインドネシア大学大順財団(UI-DF)のバイオアナリシス研究所、統合研究所研究センター(ILRC)、インドネシア大学医学部(FKUI)が設立したインドネシア医学教育研究所(IMERI)研究所であると述べた。

インドネシア保健省は、イスラム協力機構(OIC)のニーズに応えるワクチンとバイオテクノロジー製品の製造における独立性という目標の達成を支援するために、OIC CoEネットワークラボを立ち上げました。

以前、インドネシアは、2017年のイスラム保健大臣会議(ICHM)の第6回セッションの決議で、ワクチンおよびバイオテクノロジー製品に関するイスラム協力機構 - センターオブエクセレンス(OIC - CoE)に任命されました。

会議では、インドネシアにおけるワクチンおよびバイオテクノロジー製品の開発におけるOIC研究センターの委託条件が承認され、まもなく作成される予定です。

2018年、OIC CoEは保健大臣によって正式に開始され、PT BiofarmaはOIC CoE研究所として設立されました。OIC加盟国の研究者の協力と能力を高めるために、OICの科学技術協力に関する常任委員会(COMSTECH)は、ウイルス学およびワクチン技術プログラムの研究と事前訓練のためのフェローシップを開催しました。

このプログラムを通じて、インドネシア保健省はエジプトとパキスタンの4人の研究者がインドネシアでインターンシップを行う機会を提供しました。

「お互いに協力し合いましょう、今回のOICとの出会いと協力は、共同研究を行う良いスタートであり、もちろん良い結果が得られると信じています。この機会が将来の世代のために世界の保健システムをさらに改善することを願っています」と、月曜日に引用されたように、ブディ・グナディ・サディキン保健相は述べた。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)