アタンブア移民局、東ティモール出身の元麻薬囚人の訪問を拒否
TPIのアタンブア将校は、8月17日(水)に東ティモールに送還された外国人に同行した。(アンタラ/ホー・TPIアタンブア)

シェア:

NTT - ベルリージェンシーのアタンブア入国管理検問所(TPI)は、薬物乱用事件の元囚人であるイニシャルVPを持つ東ティモールからの外国人(WNA)の訪問を拒否しました。

「副大統領は、麻薬事件の元受刑者を理由に抑止リストに載っている」と、TPIクラスII移民局長アタンブアKAハリムは、8月18日木曜日にアンタラから引用して述べた。

彼は、副大統領が8月17日水曜日に、東ヌサトゥンガラ州ベルリージェンシー(NTT)のモタアイン州越境ポスト(PLBN)を通じてインドネシア領土に入ることを望んでいたと説明した。

訪問の目的は、TPI PLBNモタアインの特別観光訪問ビザ(VKSK)または到着ビザ(VOA)施設を使用して、クパン地域で1週間休暇を取ることでした。

ハリムは、関係する旅行および入国書類の検査時に、麻薬関連の理由で移民システム(Simkim)によって検出されたと説明しました。

「TPIモタアインのアシスタントスーパーバイザーが情報を深めた時点で、外国人が2021年1月29日に東ジャワ州TPIマランのクラスI入国管理局によってモタアインを通じて強制送還されたことが知られていました」と彼は言いました。

ハリムは、副大統領は終身有効な抑止制裁の対象であり、インドネシアの領土に入ることはできないと述べた。

したがって、インドネシア領土への入国を拒否されたため、東ティモールへの帰還という形で行動が行われている、と彼は述べた。

「関係者は、TPI PLBNモタアイン入国管理官の監督を通じて、東ティモールのバトゥ・ガデ移民局にスムーズに送還された」と彼は語った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)