KSAD:私たちは団結して国内の脅威に立ち向かわなければなりません
陸軍参謀総長(KSAD) TNI Dudung Abdurachman/ANTARAとシャイフル・ハキム将軍

シェア:

ジャカルタ - 陸軍参謀総長(KSAD)のTNIドゥドゥン・アブドゥラックマン将軍は、歌手やミュージシャンを含む国のすべての構成要素に、常に国家の統一と統一を維持するよう思い出させました。ドゥドゥン氏は、インドネシア共和国独立77周年を記念して、8月17日(水)にジャカルタのマベサドで「サトリア・インドネシア」活動を開催したと述べた。

Dudung氏によると、国家の統一と統一を維持することは、国内の脅威に対処するための努力の1つです。

「インドネシアはお互いを尊重し、お互いの強い習慣を維持し、違いを気にする寛容さに満ちている高貴な国であると言うように、私たちは団結しなければならないという1つの内部の脅威にどのように対処するか、その1つは、内部の脅威にどのように対処するかです」とDududnは言いましたANTARAによって報告されたように。

ドゥドゥンは、侵略者に対するインドネシア国家の闘争に言及した。ドゥドゥンは、この活動が国の擁護者である騎士を生むことを望んでいます。

「今日、私たち全員、建国の父たちは 皆、 尖った竹で、非近代的な武器を使っても侵略者に対してこの国のために戦っていましたが、侵略者に直面することができたと決心しましょう」と4つ星将軍は言いました。

その活動の中で、KSADは歌手のトリ・ウタミが作った曲「サトリア・インドネシア」も立ち上げました。ドゥドゥンはまた、プルワカラカ、トリ・ウタミ、ユニ・シャラ、ミームス、アディ・MS、ヴィーナ・パンドゥウィナータ、イタ・プルナマサリなど、多くのミュージシャンと歌いました。

ドゥドゥン氏は、「サトリア・インドネシア」はインドネシア共和国を守るインドネシアの若者の真摯な意図に動機づけられたと述べた。

「今日、私たちは『サトリア・インドネシア』という活動を組織しています。サトリア・インドネシアは、若者のアイデアの先駆者から生まれ、多様性と団結をもって、インドネシアはより進歩するという本質を持つ活動を実現するために創造的である私たちの学生です」と元パンコストラッドは言いました。

ドゥドゥンは、プルワカラカの音楽家が彼のところに来て、活動を開催する計画を立てたとき、すぐに同意しました。

「プルワカラカに伝えて、『先生、これが一番好きなところです』と言いました。だから私は長くは考えない、やろう、やろう」と彼は言った。

一方、Giat Satria Indonesiaの創始者としてのPurwacarakaは、この活動は純粋に中立的で、無所属で、無党派であり、スポンサーがいないと述べた。

「このイベントの実施は、コミュニティの精神と国と国への愛の感覚によって推進されているからです」と彼は言いました。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)