東京でのセミナーに出席したアニスは、日本人はジャカルタの公共交通機関に快適に乗ることができると述べた。
DKIジャカルタ州知事アニス・バスウェダン / Instagram @aniesbaswedan-VOI)

シェア:

ジャカルタ - DKIジャカルタのアニス・バスウェダン知事は、東京で開催されたセミナーの後、自身のInstagramアカウントを通じて自身の活動を詳述しました。昨日のセミナーでアニスは、ジャカルタの交通の変容が現在、日本国民の注目を集めていることを明かした。
 
アニスは、2021年と2022年にジャカルタを訪れた多くの日本国民からコメントを受けた。アニス氏によると、彼らは公共交通機関や公共バスなどの公共交通機関を快適に利用できると主張した。
 
「彼らは、公共交通機関を利用し、ジャカルタを徒歩で歩くことができるようになったことがどれほど快適であるかを伝えました。彼らがMRTに乗ることの便利さについて話しているなら、それはユニークなものではありません。しかし、公共交通機関やバスに乗って快適に過ごせるという日本の話があるとすれば、それはユニークで、感謝の気持ちを込めて聞いています」とアニスは8月14日(日)にアニスバスウェダンのInstagramアカウントで語った。
 
アニスが参加したセミナーは、笹川平和財団が東京と広島で3回開催しました。
 
学者とジャーナリストのための最初のセミナー。インドネシア及び東南アジアに関する調査研究を有する者第2回は、インドネシアで事業活動や関心を持つ経済界や一般の方を対象としたセミナーです。
 
第3回セミナーでは、笹川さんが広島大学と共同で学生向けの講演会を開催しました。この活動からアニスは、ジャカルタの発展を心配する日本人が大勢いることを知った。
 
「私たちが議論するトピックはたくさんあります。交通、健康、教育、経済、民主主義からUMPの問題まで。彼らは実際、ジャカルタとインドネシアの監視において非常に詳細で骨の折れるものです」とアニスは述べた。
 
「興味深いことに、日本はインドネシアから学習と未学習のスピードについて学ばなければならない、変化をより早く予測しなければならないと言う人もいます」と彼は続けた。
 
日本訪問中、アニスは小池百合子東京都知事とも会談し、環境にやさしい公共交通機関を含むいくつかの分野での協力の可能性について話し合った。
 
「私たちは、特にパンデミック後の復興の取り組み、災害に強い都市の建設、環境にやさしい公共交通機関の分野での協力について、多くのことを議論しました」とアニスは言いました。
 
 
しかし、前文部科学大臣は、両市が実施する可能性のある協力の可能性について、さらに明らかにしなかった。アニスはまた、いつ東京に着いたのか、どのくらいの期間桜の国にいたのかも明らかにしなかった。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)