インターパックモード、ジャクートの男は必死にアートの首に檻を握る「沈黙はあまり話さない」
加害者が使用した容疑の証拠(写真:DOK VOI/M. Jehan)

シェア:

ジャカルタ - AWSのイニシエーションマン(42)は、北ジャカルタのチリンシングにある市長団地の市長団地にあるHousehold Assistant(ART)Siti Suminar(37)に鋭利な武器を向けた後、警察によって確保されました。
 
Cilincing Police Cilincing Circumcision OfficerのAKP Alex Chandraは、事件は8月12日金曜日の午前10時30分に起こったと述べた。
 
事件は、加害者が被害者が仕事をしている間に荷物を配達するアリバイを持って到着したときに始まりました。AWSは、犯人の元義理の妹でもあるLusiという家の所有者に尋ねました。
 
被害者は、雇用主が自宅にいないと話した。その後、被害者はパッケージを持ってきて、加害者は家に入りました。
 
「犯人はすぐに家に入り、すぐに肘型の鋭利な武器を向け、ケージの位置は鞘から切り離されていました。加害者の右手を被害者の首に当てる」と、アレックスは8月14日(日)に確認されたときに述べた。
 
加害者が被害者に多くを言わないように脅したとき。しかし、その時、被害者は叫び、住宅所有者の子供である目撃者に聞こえました。
 
「その後、加害者は『黙れ、多くを語るな』と脅し、被害者は目撃者に助けを求めて叫び、その後、加害者は被害者を地面に押し倒した」と彼は語った。
 
叫ぶ声が聞こえたので、目撃者は部屋を出て行った。目撃者を見た犯人は、すぐに武器を振りかざして目撃者に返した。突然、目撃者と被害者はすぐに加害者に叫んだ。
 
その後、被害者は加害者を蹴り、加害者を逃がすために武器を落下させた。幸いなことに、住民はすぐに来て、犯行現場の犯人を確保しました。
 
「その後、被害者と目撃者は加害者に『窃盗』と叫んだ。その後、被害者は加害者の太ももを蹴って、檻の種類の鋭利な武器が落ち、加害者は被害者と目撃者1の叫び声を聞いて逃げ、住民は被害者と目撃者1を助けました」と彼は説明した。
 
 
現在、犯人と証拠はチリンシング警察署で確保されている。加害者は、昭和23年非常事態法第12号第2条第1項及び刑法第335条第1項から第1項を前提として、その行為について説明しなければならない。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)