逮捕タクシー運転手モレステッド7歳の男の子オールドケバヨラン、警察は動機を調査
図。(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - 警察は、7歳の少年FRを痴漢する心を持っている加害者アリ・スヤントの動機をまだ調査中です。たとえ子供が自分の隣人であっても。

「(動機は)我々はまだいる」と南ジャカルタ地下鉄警察署長代理のコンベス・ポル・ヤンドリ・イルサンは8月14日日曜日、VOIに語った。

ちなみに、タクシー運転手のアリ・スヤントは、2022年6月28日に南ジャカルタのケバヨラン・ラマで未成年者を痴漢したとして、個人検索リスト(DPO)のステータスを取得しました。その後、アリはついに逮捕された。

「はい、(彼が逮捕されたのは)本当です」と、8月12日金曜日に知らされた南ジャカルタ地下鉄警察署長代理のコンベス・ポル・ヤンドリ・イルサンは語った。

ヤンドリは、加害者は8月10日水曜日から逮捕されていると説明した。実際、彼の党も加害者を拘束している。

「我々は逮捕し、逮捕した」と彼は締めくくった。

時系列

タクシー運転手のアリ・スヤント(50)は、イニシャルFRの7歳の少女を虐待したとされる。犯罪事件は、南ジャカルタのケバヨラン・ラマ地区にある犯人の借家で発生しました。

被害者の母親としてN(34)は、わいせつ事件は6月28日火曜日の午前中に発生したと説明した。

「11時だ、10時だ。10時。まさにその日、それは火曜日でした。犯人(彼自身の隣人)はタクシー運転手だった」とNは6月29日水曜日に自宅で会ったときに語った。

Nは、被害者が最初の兄弟に彼が加害者からわいせつな扱いを受けたと告白したときに、事件が彼に知られていたと説明した。

「長い間、彼の妹がやって来て、『シス、私は血を流している。彼を言い続けなさい、どこを見るべきか。私はしたくない、と彼は言った。私はズボンを履いて、私に駆け寄る(N)」とNは言った。

すぐにFRは母親のところに歩み寄り,自分が経験したことを話しました。

「ここに着いたとき、トイレから出てきたら、彼女は『お母さん、お母さん、私は出血している』と言いました。私は否定的な考えを持っていましたよね。血まみれな理由?その理由を説明してみてください。泣いても」と彼女は続けた。

感情的なNは、地元のRT議長に直接連絡を取った。その後、彼は警察に通報するよう勧められました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)