Sarチームは、行方不明と報告された中央マルクのサパルアティムールから一人の漁師を捜索
中央マルクリージェンシーの東サパルア地区、アウウカントリーの漁師が金曜日(12/8/2022)/ANTARA/HO/Basarnas Ambon以来、海上で行方不明になったと報告されました

シェア:

アンボン - 中央マルクリージェンシーの東サパルア地区、アウウカントリーの住民が支援するSAR合同チームは、金曜日(12/8)の午後から海上で行方不明になったと報告された漁師、ジョニー・サヘタピー(46)をまだ探しています。

「被害者は、パートナーのステヴィー・ヒュートゥベッシー(40歳)とともにサパルア海峡とヌサラウトの間の海域を海に行ったと伝えられているが、真夜中まで家に帰らなかった」と、8月13日土曜日、ANTARAが報じたように、ムスタリのバサルナス・アンボン捜索救助事務所長は語った。

彼によると、合同SARチームは、2022年金曜日(12/8)以来、市民が海上にいる間戻ってこないという報告を受けた後、Ouw Countryの王、Wempy Pelupessyから展開され始めました。

13:30 WITで、アンボンSAR事務所の救助隊は、潜在的なSAR要素と共に、KN SAR Abimanyuを使用して、座標6°22' 43" S - 133° 33' 34" E、約60.88海里の距離で現場に出発し、アンボンSARオフィスから北東方向に78.36°向に向かいました。

当初、被害者は弟のステビー・フトゥベッシーとともにネグリ・ウーの海域で最も近いランポンの周りを長いボートで海に行き、釣り活動をするためにランポンに到着すると、縛られた長いボートのロープは解かれて洗い流されました。

被害者は長いボートを回収するために泳ごうとしたが、この情報が被害者が見つからなかったと報告されるまで不運だった。

ウーカントリーの人々は今まで捜索活動を行っており、ウラス国の海岸線で発見されたのは長いボートだけです。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)