PT Pegadaian Jakpusの消火中に1人の消防士が負傷
火を消すダンカール将校のイラスト/写真:IST

シェア:

ジャカルタ - 8月7日日曜日の午後、中央ジャカルタのセネン、ジャラン・クラマト・ラヤにあるPTペガダイアンの本社が火災を起こしました。この事件で死傷者は出なかったが、消防士が消火中に負傷したと伝えられている。

中央ジャカルタ・クスナントの消防救助隊(Gulkarmat)の部族ピケット将校は、消防プロセス中に壊れたガラスにぶつかった結果、将校が負傷したと述べた。

「ガラスの近くにあったので、ガラスにぶつかったので、一人の将校が負傷した」とクスナントは8月7日日曜日に記者団に語った。

現場に見張りに立っていた救急隊員(AGD)は、直ちに犠牲者を処理した。

「それは対処されました。火事があるたびに、彼らはそれを監視し、間違いなく燃えている場所に直接行きます」と彼は説明しました。

PT Pegadaianの本社は、日曜日の午後12時20分頃に火災を起こしました。停電プロセスは4時間以上続き、約16.50 WIBで完了したと宣言されました。

「午後12時20分にニュースを受け取り、ユニット全体の立ち上げには13ユニットとサポートがありました」と彼は言いました。

火を消すプロセスは、急上昇する濃い煙のために長い間続きました。その場所に配備されたDamkarの将校も、建物の3階から発生したと疑われる火災に到達するのに苦労しました。

「たくさんの煙が出ているというニュースを受け取りました。火の源は濃い煙で覆われているため、見つけるのが難しいです」と彼は言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)