ペルタミナはケンダリホースシューガソリンスタンドで爆発と火災があったことを否定
ケンダリホースシューガソリンスタンド/写真:アンタラ

シェア:

ジャカルタ - PT.ペルタミナ・パトラ・ニアガ地域スラウェシは、南東スラウェシ州ケンダリ市マンドンガ郡コルンバ村のジャランZAスギアントにあるホースシューガソリンスタンドで火災や爆発の事件はなかったと述べた。

広報担当ペルタミナ・パトラ・ニアガ地域スラウェシ・タウフィック・クルニアワンは、8月7日日曜日のアンタラ・ニュースを引用して、8月6日土曜日の17:00 WITA頃にケンダリ・ホースシュー・ガソリンスタンドで起きた爆発事件の問題を却下した。

「だから、私たちの独立した調査の後、爆発や火災があったのは真実ではありませんでした。PertamaxとDexliteのポンプでは、電気的な短絡が発生し、煙が発生しました」と彼は言いました。

彼は、PertamaxポンプとDexliteポンプでは、煙を引き起こすが爆発を引き起こさなかった電気的短絡があったと説明した。

その事件の後、オペレータはすぐにディスペンサーポンプマシンの緊急ボタンをオンにしました。その後、不要なものを避けるために消火器(APAR)を噴霧しました。

「だから、アマチュアのビデオに白黒の煙がふくらんでいる場合、ポンプに噴霧されるのは消火器です」と彼は説明しました。

タウフィックはまた、この場合、破壊行為の要素はなく、純粋に通常の損傷、すなわち燃料充填ポンプ機械の電気的短絡によるものであると付け加えた。

「現在、技術者が修理や、維持が必要な短絡の原因の調査を行っています。ホースシューガソリンスタンドが再び正常に動作できるように、できるだけ早く修理を行おうとしています」と彼は言いました。

以前、南東スラウェシ州ケンダリ市マンドンガ郡コルンバ村ジャランザスギアントにあるホースシュー公共給油所(SPBU)は、ディスペンサーマシンの1つの電気的短絡のために火災が発生しました。

ケンダリ警察署長のコンベス・ポル・ムハンマド・エカ・ファトゥラーマンはテキストメッセージを通じて、事件は8月6日土曜日の午後5時10分頃に発生したが、ガソリンスタンドの職員はすぐに消火器で炎に対処したと述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)