タンゲラン地方検事がPTSL恐喝事件で300人の証人を調査
タンゲランリージェンシーの監督、ノヴァエリダサラギ。(アズミ・サムスル・マーリフ)

シェア:

タンゲラン - バンテン州タンゲランリージェンシーの地方検事局(Kejari)は、この地域の完全な体系的な土地登録プログラム(PTSL)における違法な徴収(恐喝)の事件に関連する300人もの証人を召喚し、調査しました。

「現在、調査が行われている。土地証明書の申請者、委員会、村の役人からなる何百人もの証人も尋問されている」と、タンゲラン摂政カジャリ・ノヴァ・エリダ・サラギは、8月2日火曜日、ANTARAが報告した書面による声明で述べた。

彼は、PTSLに対する違法な課税が疑われる事件は、現在、文書と目撃者の証言を深める段階にあると述べた。

「捜査官は、得られた情報と情報からまだ発展途上にあります」と彼は言いました。

ノヴァは、この事件の開示は、申請者によって150,000ルピアの金額で州によって公式に規制されている手数料以外の賦課金活動の存在の公開報告から始まったと述べた。

「公式手数料は、国土庁(BPN)の職員が現場の土地を測定する際のベンチマークに使用されます。これは住民からの報告であり、役人以外の費用があり、フォローアップします」と彼は説明しました。

PTSLプログラムは、2018年の大統領命令(Inpres)第2号で規制されていることが知られています。これは、今までの第一期のジョコウィ大統領の主力製品です。2017年、ATR/BPN省は全国的に520万のコミュニティ土地区画の測定に成功しました。

さらに、2018年にはATR/BPNが940万件の証明書を発行して目標を上回り、2019年には2025年までに1,100万件の無料土地証明書とすべての土地の完全な認証を目標としています。

「このプログラムは地域社会に多くの利益をもたらします。土地証明書を作る時期が明確で、費用が安く、賭け金はRp.150,000しかないという確かさがあります。しかし、状況を利用してコミュニティに害を及ぼす人々がいます」と彼は言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)