全国FMDアップデート7月7日:106,925頭の家畜が回復、2,016頭が死亡、231の市区に拡大
口腔および爪の病気(FMD)の疑いのある家畜を検査する医療従事者のイラスト。(アンタラ・リスキ・アプリヤニ)

シェア:

ジャカルタ - 口腔および爪疾患対策タスクフォース(PMK)の専門家チームのコーディネーターであるウィク・アディスミスミトは、7月7日木曜日の時点でインドネシアの21の州に広がる偶数蹄の家畜のFMD症例が317,889例あることを明らかにしました。

ウィク氏は、FMDの症例は231の地区/都市でも広がり、そのうち106,925匹の動物が回復したと説明した。

「合計2,016人が死亡し、総症例のうち3,489人が条件付きで削減されました」とウィクは7月7日木曜日にジャカルタで行われたオンライン記者会見で述べました。

ウィク氏によると、現在の家畜の種類に基づいて、FMDは牛、すなわち39,000頭、次にバッファロー5,600頭、ヤギ1,300頭、羊1,000頭、豚16頭を最も攻撃している。

「現在、家畜のfmDウイルスはヒトに感染していませんが、人間はウイルスを運んで健康な動物に感染させることができることに注意する必要があります」と彼は言いました。

彼によると、この病気はインドネシアの経済発展に大きな影響を与えるため、コミュニティはFMDの取り扱いに手を携えて働かなければなりません。

「条件付きで屠殺されなければならない牛が非常に多く、もちろん死んだ牛もいるので、コミュニティが消費する家畜や動物性食品の販売結果に大きな影響を与えるでしょう」と彼は言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)