AniesはInfakの資金を使ってGembrong Market Village, PDIP: Goodを建設するが、他の場所でやらなければならない
アニス・バスウェダン/写真:アンタラ

シェア:

ジャカルタ - DKIジャカルタDPRDのPDIP派閥のトップ、ゲンボン・ワルソノは、かつてインファク資金を使って焼かれたジェンブロン市場の村を再建するというDKIジャカルタ知事アニス・バスウェダンの行動には何の問題もないと考えている。

しかし、ゲンボン氏はアニス氏に対し、震災の影響を受けたコミュニティへの支援として資金を使用することは、ジェムブロン市場だけでなく、他の場所でも行われていると強調した。

「それは良いことだと思うが、その結果はDKIジャカルタで一貫して適用されなければならない。他の地域でGembrong Marketのようなものを経験したとき、Pemrpovも同じことをするべきです。愛についてうるさいわけにはいかない」と、6月5日火曜日に連絡を受けたキングピンは言った。

キングピンによると、アニスのこの一貫性は実現されなければならない。というのも、もしそうでなければ、キングピンは、2024年に向けて彼の選挙可能性を高めるための、インファクファンドからのゲムブロン市場の再開発を、アニスの単なる政治的策略だと考えているからだ。

州政府がこのような継続性を維持できる限り、苦しむ兄弟姉妹を助けることは非常に前向きなことだと思います。彼らの政治的な仕掛けを進んで追求してはいけません。出てくる動機は人道的なものに違いない」と彼は語った。

以前、DKIジャカルタのアニス・バスウェダン知事は、昨年4月末に火災に遭った東ジャカルタのジェムブロン市場エリアの画期的なプロセスを実施しました。

アニスは、カンプン・ゲンビラ・ゲンブロンという名前で再建され始めたゲムブロン市場地域を命名しました。1,200平方メートルの敷地に136台を建設し、78億ルピアを投じる。

村落開発予算は、バズナス・バジス・DKIジャカルタが、特に5月上旬のJISでのイード・アル=フィトルの祈りの間にインファクとサダカを集めた集団的成果です。

バズナス・バジズDKIの副会長であるサート・スハルト・アムジャドは、JISで集められた資金はカンプン・ゲンビラ・ゲンブロンに礼拝所を建設することを目的としていると説明した。

「JISのインファク・サラート・イエドがモスクや礼拝室の建設のためのものなら。1つのムサラともう1つはモスクを作る予定です」とスハルトはビデオキャプションで言いました。

JISで調達した資金は約2億1,400万ルピア。一方、ジェムブロン市場に入植地を建設するために使われる残りの70億ルピアの資金は、JISで集められたものとは別に、バズナス・バジズDKIが管理するインファクと施しの資金から集められます。

「被災地の住宅開発は、一般的にザカート機関によって行われます。例えば、昨日パルで地震があり、セメルで事件(噴火)がありました。現在、私たちは災害資金をカンプン・ゲンビラ・ジェムブロンの建設に使っています」とスハルトは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)