シカゴでの7月4日アメリカ独立記念日パレード銃撃事件の容疑者を警察が逮捕、ラップソングライターと芸名を持つ
イルストラシ・ペナンカパン。(ウィキメディア・コモンズ/オレゴン州運輸省)

シェア:

ジャカルタ - 警察は、シカゴハイランドパーク郊外のフォー7月のパレードで、高出力ライフルを持った男が屋上から発砲し、6人が死亡し、36人以上が負傷した月曜日の銃撃事件で容疑者を逮捕したと発表しました。

警察は、この地域出身のロバート・E・クリモ3世(22歳)を逮捕したことを確認した。起訴されるだろう、とハイランドパーク警察はロイター通信を引用して7月5日に言った。

ABCニュースのシカゴ系列局のビデオによると、警察が車を取り囲んでいるのが目撃され、クリモは両手を挙げて車から降りた。クリモは警察に拘束されるまで地面に横たわっていた。

銃撃により、幼児は三輪車を離れ、両親は子供と一緒に自分を救うために走り、民間人の愛国心の表情を必死の混乱の場面に変えました。

「花火が爆発しているように聞こえる」と、銃撃犯が発砲した場所の向かい側に立っていた引退した医師リチャード・カウフマンは言い、約200発の銃声を聞いたと付け加えた。

「それは混沌としていました。スタンピード。赤ん坊は空中を飛んだ。人々は避難所のために飛び込みます。血にまみれた人々はお互いにつまずいた」と彼は語った。

しかし、これまで警察は銃撃の動機を知らない。

36人以上が負傷したが、そのほとんどは銃撃によるものだと、ノースショア大学ヘルス・システムズのスポークスマン、ジム・アンソニーは語った。ハイランドパーク病院に運ばれた26人の犠牲者は8歳から85歳の間だったと、救急室の医師ブリガム・テンプルは語った。

一方、ニューヨーク・タイムズ紙は、死者の一人を車椅子に乗っていて行進に出席したくなかったニコラス・トレド(76歳)と呼んだが、彼の障害は彼がフルタイムの誰かの近くにいることを要求し、彼の家族はそうではない。イベントを逃した。

「私たちは皆ショックを受けました。パレードの一部だと思いました」と、ゾチル・トレドの孫は語った。

殺害された者のうち少なくとも1人はメキシコ国民だったと、メキシコ外務省高官はツイッターで述べた。

以前に報じられたように、ジョー・バイデン大統領は、彼と彼の妻ジルは「この独立記念日に再びアメリカ人コミュニティに悲しみをもたらした無意味な銃の暴力にショックを受けた」と述べた。

バイデン氏は「銃撃犯の緊急捜索を支援するために連邦法執行機関を強化した」と述べた。

バイデン氏は声明で、最近署名した超党派の武器改革法案に言及したが、やるべきことはもっとあると述べ、「銃による暴力の蔓延との戦いをあきらめるつもりはない」と付け加えた。

以前、レイク郡保安官事務所は、顔と首の入れ墨をした細い顔をしたひげを生やした男を映した、逃亡中のオンラインクリモのポスターを投稿した。体重は120ポンド(54kg)で、身長は5フィート11インチ(1メートル80cm)と言われています。

クリモは、アーティストの芸名「Awake The Rapper」を使っていくつかの自家製ラップ曲を出版したようだ。

ウバルデとバッファローの銃撃事件の後、議会は先月、30年ぶりの大規模な連邦武器改革を可決し、危険と見なされる人々から銃を取り除くことを意図した「赤旗」法を施行する州に連邦政府の資金を提供しました。

アサルトスタイルのライフルや大容量マガジンの販売を禁止していないが、少年が犯した重大な犯罪に関する情報へのアクセスを許可することで、身元調査にいくつかの措置を講じている。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)