チパリ有料道路でのプリマハサバス事故、死者2名、負傷者12名
イラスト フリーピク

シェア:

ジャカルタ - 7月3日(日)にチコポ・パリマナン(チパリ)有料道路KM 93+600でトラックとプリマジャサのバスの間の交通事故で2人が死亡したと報告されています。

7月3日(日)の声明で、アストラ・チパリ有料道路のオペレーション部門の責任者であるスリ・ムリョーは、事故には三菱コルトディーゼルのトラックB-9883-VDAとプリマハサのバス(番号B-7291-FGA)が関与したと述べた。

事件は、チレボンからジャカルタまでのトラックが中央分離帯につまずき、ワイヤーロープ(スチールスリング製のガードレール)ラインA(ジャカルタ - チレボン)に引っかかったときに始まりました。

当時、トラックは、ドライバーが高速で制御を失ったためとされる事故を1回も受けました。

すると突然、トラックは反対方向からプリマハサのバスに轢かれました。

事件の結果、交通の流れは遮断されました。しかし、それはまだ道路利用者によって通過することができます。

スリ・ムリョは、当時、チパリ・アストラ・トールの交通安全サービス職員が、軽傷を負った12人、重傷者1人、死者2人を直ちに避難させたと述べた。

犠牲者はその後、プルワカルタリージェンシーのラジャク病院に運ばれた。

アストラ・チパリ有料道路は、チコポ・パリマナ有料道路の管理者として、道路利用者に交通標識に従って常に安全に運転するよう訴えました。

チパリ有料道路を横断するための制限速度は、時速60キロの最小値と時速100キロの最高制限速度であると述べられています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)