7月2日現在のCOVID-19アップデート:1,729人の陽性症例が見つかりました
COVID-19の症例は再び増加しています。(写真;ドキュメント間)

シェア:

ジャカルタ - 保健省(Kemenkes)は本日、COVID-19の最新の追加陽性症例を発表しました。合計63,226検体が検査され、1,729人がCOVID-19の陽性が確認されました。

「インドネシアでCOVID-19が発見されて以来、陽性症例の総蓄積は6,092,303人に達し、アクティブな症例は増加または減少していないか、16,915症例にとどまっています」と、7月2日土曜日の保健省のデータから引用されています。

今日回復した症例は1,789例増加し、合計で5,918,643人の回復者となった。その後、陽性が確認された症例は5人で死亡し、合計は156,745人でした。

保健省のデータを参照しながらも、新規症例が最も多い州はDKIジャカルタで983人の症例があります。これにより、合計で1,271,828件となりました。続いて西ジャワ州で347人の新規症例が発生し、バンテンは1日あたり213例を追加した。

一方、今日最も多くの症例が回復した州はDKIジャカルタにあり、さらに1,300人の症例が回復しています。

その後、西ジャワでは202例の回復例が増加し、東ジャワでは112例が回復し、バンテンでは94例が回復しました。

また、これまでにRT-PCR、TCM、および抗原を用いて検査された検体の数は、100,962,881に達しています。

「検査を受けた人数あたりの肯定的な結果、または今日の人々の陽性率は3.91%です」と彼は書いています。

COVID-19に感染した疑いのある人、または現在疑いのある症例に分類されている人の数は3,765人です。現在、34の州でCOVID-19の症例が発生しています。

現在までに、201,557,401人がCOVID-19ワクチン接種の初回接種を受け、169,111,754人が2回目のワクチン接種を受けています。

一方、ワクチン接種の3回目の投与は50,898,137人であった。一方、インドネシアのワクチン接種対象は2億826万5720人。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)