ヌサンタラ青年同盟、PNジャクプスに35.5兆ルピアでホリーウィングスを訴える
ヌサンタラ青年同盟のパンゲラン・ネガラ会長(右)が、ホーリーウィング/ANTARAの事業を擁する会社を訴える

シェア:

ジャカルタ - イスラム教とキリスト教の青年組織、ヌサンタラ青年同盟は、ホリューイングスの事業を擁する会社、PT Aneka Bintang Gadingを35.5兆ルピアで中央ジャカルタ地方裁判所に訴えました。
 
「私たちはそのお金を使って、インドネシアのすべての宗教家のために礼拝所を建てます」と、7月1日金曜日、アンタラ州ジャカルタのパンゲラン・ネガラのヌサンタラ青年同盟の会長は言いました。
 
プリンスは、ホリーウィングスの冒涜疑惑は、インドネシアで利益または商業的価値を持つ最初の事件であると説明した。冒涜の結果、王子は法の前にホリーウィングスが実質的な責任を負わなければならないと主張しました。
 
王子は、イスラム教徒とキリスト教徒がホリーウィングスによって犯された違法行為の疑いのために損失を被ったと述べたので、ヌサンタラ青年同盟は集団訴訟を起こしました。
 
物資に加えて、プリンスは、ホリーウィングスの行動が非物質的な損失を引き起こしたので、犯罪行為の疑いは南ジャカルタメトロ警察の捜査官によって疑われていた6人の従業員に起訴されただけではないと述べた。
 
「しかし、我々はまた、この場合の経営陣と株主にも責任を取るよう求める」とプリンス氏は語った。
 
プリンスは、容疑者であるホリーウィングスの従業員6人が被害者であったことを、同社の経営陣の責任の立場として明らかにした。
 
 
プリンス氏によると、経営陣はイスラム教徒とキリスト教徒を冒涜し、休息させたすべてのインドネシア人に謝罪すべきだ。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)