レンバタNTTのレウォトロク島噴火、灰高1,300メートルに到達
東ヌサ・トゥンガラ州レンバタ摂政のレウォトロク山の噴火(アンタラ経由)

シェア:

レンバタ - 東ヌサ・トゥンガラ州レンバタ・リージェンシーのイル・レウォトロク山監視所は、山の頂上から約1,300メートルの灰の高さに達する山の噴火があったと報告しました。
 
「噴火は金曜日の夜16時29分にWITAで発生しました」と、7月1日金曜日の夕方、アンタラのクパンで受け取った声明で、イル・レウォトロク山監視ポストのスタニス・アラキアンの責任者は述べた。
 
彼は、噴火の結果、灰の柱が白から灰色に観察され、濃い強度が西に傾いていると説明しました。
 
噴火に伴う噴火は強いゴロゴロという音をたてたので、報告によると、山周辺の住民もそれを感じました。
 
彼は、山の頂上の物質がますます心配になっているので、周囲のコミュニティが常に起こり続ける噴火に気づくことを望んでいます。
 
2022年6月14日、徹底的な分析と評価の結果に基づいて、イル・レウォトロク火山の活動レベルはまだレベルIII(アラート)であり、最新の潜在的な危険に調整された新しい勧告があったため、モニタリングポストは勧告を発表しました。
 
レベルIII(アラート)の活動レベルでは、イル・レウォトロク山周辺の人々、訪問者/登山者/観光客は、山頂/クレーターから半径3 km、南東部は半径3.5 km、東と北東区間は半径4 km以内で活動を行わないことをお勧めします。
 
 
「ラマウォロ村、ラマトカン村、ジョントナ村の人々は、レウォトロク山の頂上/火口の東部からの白熱溶岩雪崩と熱い雲の潜在的な脅威を常に認識する必要があります」とスタニス・アラキアンは述べた 。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)