PMKアウトブレイク「クレイズ」バタムは、その市民がこの地域から牛肉を消費することを禁止
イラスト/写真:アンタラ

シェア:

バタム - バタム市の口腔および爪疾患タスクフォース(Satgas)は、2つの小地区でランプンを起源とする犠牲動物の屠殺を一時的に禁止しています。

6月30日木曜日、バタム州バタムマルダニス市の食糧農業保安局の長官は、現在牛を攻撃しているFMDの発生が豚に 広がらないように、禁止が課されたと述べた。

「サグルン小地区と周辺のブラン地区は、地元の動物が望むなら、ランプンから動物を屠殺することは許されていません。バタム島や他の島々を離れることは許されません。月島に養豚場があるので、サグルンで切ることは許可されていません。この方針は2022年7月9日までです」とマルダニスはアンタラが引用したように言った。

彼はまた、現在公式の動物保護施設にいる犠牲の動物は、イード・アル=アドハーの1日前まで発行されるべきではないと強調した。

「現時点でテミアンまたはテミアン郊外で犠牲の動物の代わりにいる動物は、H-1まで取り除かれるべきではありません。テミアンの牛とテミアン以外の牛は、私たちからの公式の手紙を使って 隔離されています」と彼は言いました。

さらに、マルダニスは、バタム市の何百頭もの牛にFMDの疑いがあるという 調査結果を受けて、現在、バタムPMKタスクフォースは危機センターまたは苦情ポストを課し始めていると述べた。

「PMKタスクフォースは、より広いコミュニティに情報を提供するために、危機管理センター(苦情ポスト)を積極的に実施する」と彼は述べた。

彼は、FMD症状の所見があれば、すべての家畜販売者がPMKタスクフォースに知らせなければならないことを望んでいます。

「毎日、バタム市中の獣医師の監督によって支援されます」と彼は言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)