東ジャワ州は口腔および爪の病気の症例が最も多い州で、NTB、アチェ、西ジャワ、中部ジャワがそれに続きます。
スクリーンショット - 農業省の家畜生産と生産のディレクター、アグンスガンダ、ジャカルタオンライン/ Via ANTARAから続いたFMB9の議論で

シェア:

ジャカルタ - 農業省(ケメンタン)は、口腔および爪疾患(FMD)の症例が最も多い5つの州、すなわち東ジャワ、西ヌサテンガラ、アチェ、西ジャワ、および中央ジャワがあると述べた。
 
「6月28日現在のデータに基づくと、感染者数(PMK)は19の州と221のリージェンシー/都市で、5つの州で最も多い」と農業省の家畜生産生産局長アグン・スガンダは、6月29日水曜日にジャカルタ・オンライン、アンタラから続いたFMB9の議論で述べた。
 
アグンは、114,921頭の犠牲動物、NTB 43,282頭、アチェ31,923頭、西ジャワ30,456頭、中央ジャワ30,386頭など、最もFMDの症例を含む東ジャワを詳述した。
 
一方、農業省は、インドネシアで283,606頭の犠牲動物がFMDの影響を受けていることが確認され、91,555頭が回復し、2,689頭が条件で切断されなければならず、1,701頭が死亡したと報告した。
 
「一方、回復していない人は186,661頭に達し、これまでに予防接種を受けた人は315,000頭です」と彼は言いました。
 
FMDに最も感染した犠牲動物は、合計278,937頭の牛、4,669頭の水牛、1,253頭のヤギ、および958頭の羊でした。
 
一方、シャルール・ヤシン・リンポ農業相は、多くの地域で家畜を攻撃する口と爪の病気(FMD)ワクチンの追加は段階的に実施されると述べた。
 
「ワクチンの追加は確かに緩やかです。fmdワクチンの購入は恣意的であってはならないので、指標がなければならない」と農業大臣は述べた。
 
 
彼は、現在、農業省が所有するFMDワクチンの入手可能性は300万回分であり、80万回分が地域に配布されていると述べた。
 
「ワクチンの追加は、今後もプロセスであり続けるでしょう。現在、300万回分のFMDワクチンがあり、犠牲の休日に先立ち、80万回分が配布されていますが、もちろん、これも成長し続けるでしょう」と彼は言いました。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)