保健大臣:COVID-19の割合が1日あたり2,000症例に達し、レベル1のカテゴリーインドネシアは誰ですか?
ブディ・グナディ・サディキン保健大臣。(セトカブ広報文書)

シェア:

ジャカルタ - ブディ・グナディ・サディキン保健相は、インドネシアにおけるCOVID-19の感染率は、現在、1日あたり2,000例以上に達していると述べた。

したがって、国内の症例率は、世界保健機関(WHO)によるとレベル1です。

「現在、症例数は200件から2,000件に増加しています。しかし、インドネシアにおける波のピークは、以前は1日あたり60,000症例に達していました」と、6月26日日曜日、北ジャカルタのJICTタンジュンプリオクで日本政府からワクチン冷蔵庫機の支援を受けた後、ブディ保健大臣は述べました。

ブディ氏は、WHOは、人口10万人あたり、週に20人の症例の指標を持つ国のパンデミック状況についてレベル1の基準を提供していると述べた。インドネシアの状況に合わせると、WHOのレベル1基準は1日あたり約7,800人です。

「それでもまだそれ(WHO基準)を下回っている場合、それはまだレベル1 PPKMであることを意味します。今日のインドネシアでは、2,000件の症例があります」と彼は言いました。

ブディ氏は、オミクロンBA.4とBA.5亜変量波のピークの予測は、2022年7月の第2週または第3週に起こると予測されていると述べた。これは南アフリカで起こった観測に基づいています。

「パターンが南アフリカと同じであれば、(インドネシアの)ピーク予測は2022年7月の第2週と第3週に達成される可能性があります」と彼は言いました。

ブディ氏は、南アフリカはオミクロンBA.4およびBA.5亜変種の出現の原産国であり、現在症例が増加しているパターンを経験していると述べた。

先月の南アフリカでの症例の増加は、Omicron BAのピーク時の症例の増加の3分の1に過ぎなかったとBudi氏は述べた。入院または入院患者は、オミクロンのピークの3分の1にすぎません。

「死者数はオミクロンのピークから約10%です」と彼は言った。

インドネシアが南アフリカで起こるパターンを再現した場合、同国の症例のピークはオミクロンのピークの30%、または17,000〜18,000人の患者に相当すると推定され、その後は再び減少すると推定される。

「しかし、病院に来る患者の数と死亡者数は、以前の波よりもはるかに少ない」と彼は言った。

ブディは、全国税率が1%を下回っているため、依然として管理下にあることを確認しました。国民の陽性率は依然として3.61%で管理されており、WHOの基準である約5%を下回っています。

しかし、インドネシアにはDKIジャカルタやバンテンなど、すでに5%を超えている州がまだいくつかあるため、ブディ氏は国民に警戒を怠らず、現在のパンデミック状況に直面してパニックに陥らないように促した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)