パランカラヤ農業事務所がFMDワクチン接種を受けた牛500頭をターゲットに
中央カリマンタン州パランカ・ラヤ市の農業・食料安全保障局の職員は、パランカ・ラヤの農民が所有する牛FMDにワクチンを接種した。(写真:アンタラ)

シェア:

パランカラヤ - 中央カリマンタン州パランカラヤ市の農業・食料安全保障局は、来週、地元の農家が所有する500頭の牛に口と爪の病気(FMD)ワクチンを注射することを目標としています。

「設定された指示と目標に従って、水曜日(29/6)まで、農家が所有する500頭の牛のfmdワクチン接種を完了しなければなりません」と、パランカラヤ市食品農業安全保障局の動物衛生獣医協会の責任者であるスマルディは、6月26日日曜日にアンタラから引用しました。

彼は、FMDの蔓延を防ぐための予防接種注射は、「ビューティフルシティ」地域の牛に行われ、健康であると宣言された動物に対して行われたと説明しました。

「原則として、fmdワクチン接種はCOVID-19ワクチンのようなもので、健康な人に注射されます。各牛の注射のタイムラグは、用量1から用量2までの4ヶ月です。その後、2回目の投与から3回目の投与まで6ヶ月です」と彼は言いました。

スマルディは、FMDワクチンの注射が数日前からパランカラヤの地元農家が所有する牛に行われていることを明らかにした。 

このワクチンの注射は、農家が所有する牛に優先され、今年生け贄に使用された牛には優先されません。

このワクチン接種は、住民が所有するケージでのFMDの拡散を防ぐためです。

「FMDワクチンの追加については、中央政府と州政府からの指示を待っているだけです。明らかなのは、ワクチンが利用可能であれば、私たちはすぐに動くということです」と彼は言いました。

一方、6月24日現在、パランカラヤ市の食糧農業保安局は、FMDに感染した牛の48例を記録しています。

口と蹄の病気に罹患した牛のすべての症例のうち、25頭の牛はまだ病気で治療中であり、19頭の牛は治癒したと宣言され、残りの4頭は強制的に切断されました。

「FMDに感染した牛の症例は、生贄の動物目的で地域外から牛を連れて来る農家が所有するペンでのみ発生します。地元の農家に関しては、今まで牛の状態はまだ安全です」と彼は言いました。

現在、パランカラヤ農業事務所は、FMDの潜在的な蔓延を最小限に抑えるために、農家の牛の監視も続けています。

FMDで死亡した牛の払い戻しについては、それ以上の指示は受けていないと述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)